自然エネルギー促進の処方箋は『グリーン革命』に

日本人のうち、本(宗教リーダーの著作は除く)を習慣的に読む人口はわずか400~800万人程度とされている。政治家や企業の幹部には、世界的に評価の定着している本は是非とも読んでもらいたいと思っている。本を読まなければ、読んでいる人から見ればその言動はバカげているように見えることが多くなる。

私は、よく学校で、小学校や中学校で、本を読めと先生によく言われた。天の邪鬼なので読む気がしなくなった。しかし、そうした若い日々から20年以上経ち、今は本当に熱心に本を読んでいると思う。

今新聞では自然エネルギーが動の、原発が動のと騒がしいけれども、問題解決の処方箋は『グリーン革命』という本に、具体的に詳しく書いてある。企業努力ではダメだから、民主主義の制度を上手に使って、法律で価格を自然エネルギーのほうへ誘導するよう市場に関与することが肝要だと。

このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬