投稿

1月, 2012の投稿を表示しています

金持ち優遇の消費増税

今日、森永卓郎のust放送「BLOGOS経済塾第4回」拝見し、やはりこの野田という金持ちとアメリカの「ポチ」のクソ消費税増税だけは、絶対に阻止しなければならないと思いを強くした。

じゅうぜんから申し上げているとおり、消費税というのはほかの租税(所得税や法人税、相続税など)と比べて、金持ち優遇して少ししかとらず、貧乏人からより多く搾り取るまさに江戸時代の百姓にとっての年貢のような極悪ブラック税制である。これを税の逆進性という。

これだけでも消費税はアウトだが、もっと悪魔的な側面を知った。

消費増税は野田は、社会保障財源にすると言っている。社会保障とは、年金と健康保険、介護だ。今、サラリーマン=江戸時代で言う百姓の年金と健康保険は、企業と従業員が折半で負担している。給料のおよそ16パーセントがその額である(厚生年金と健康保険)。

もし、消費税が導入されれば、企業は社会保障財源を折半で負担しないでよくなる。これは企業経営者(金持ち)にとっては好都合だ。とっとと使い捨てたい従業員の年金だの、健康保険なんかは邪魔で、もともと払いたくない。そこにもってきて、これを消費者が自分たちで払う消費税で財源を確保するようになるのだからこんなにおいしい話はない。

やーそうしないと、企業の国際競争力が何とか、かんとか、という人は、いったい会社は誰のものかを考えたほうがいい。会社は株主のものだ。従業員たる、気の毒な、江戸時代でいうところの百姓のものでは、決してない。そして、株主とは、創業者やそのファミリーのことである。つまりは僕やあなたじゃあない。そして株主が考えるのは、従業員の福利ではなく、国際競争力で生き残って自分たちの蓄財を磐石にすることだけである。そうしないと、会社の金でゴルフしたり、愛人宅へタクシーで行ったり、妻と豪華客船で海外旅行したり、将来は国外で移住したりできないからサー。

消費税の話に戻そう。よく、財源がないという。一般庶民ですら、国に財源がないから消費税はしょうがないとか言うが、これはマスコミの洗脳にやられており噴飯でしかない。じつは、社会保障の財源がないというのは真っ赤なうそである。金はいくらでもある。金持ちがいっぱい持っている。金持ちが保有している金融資産の元本(利子には課税される)や土地建物に課税してほしい。

日本の金融資産は1400兆円あって、その多くは国債で運用…

サルでもわかる解説、消費税増は輸出大企業優遇

消費税では、輸出品には非課税である。だから、こういうことになる。

例えば下請中小企業からトヨタ自動車がハンドルをひとつ1050円(うち1000円が、ハンドル本体の価格、50円は消費税)で仕入れる。そのハンドルを搭載した車を海外に輸出して販売する(海外で売った分はその国の税制に従う)。

トヨタ自動車は、あとで、国に、ハンドルを仕入れるときに払った消費税50円を返してもらえる。なぜなら、海外に売る商品を作るために仕入れた部品の消費税は、消費税課税対象外の仕入支出になるから。

一方中小企業は当然のことながら消費税を払う。中小企業は50円の、トヨタ自動車からもらった消費税分を、国に払う。国はあとでその50円をトヨタ自動車に「返す」。

これまではいい。そういう法制度になっているんだなと、それだけの話し。

ただ、今消費税が増税されそうになっている。ここからが問題。

ここで、消費税が50円ではなく、10%の100円に値上げされたとしよう。中小企業は、トヨタ自動車に「デフレだし、消費税増税分の値上げは勘弁してね」と言われて、1050円のまま、ハンドルをトヨタ自動車に引き続き卸す。

トヨタは車を海外へ輸出。ハンドルに課せられた消費税、1050円の10%である105円を国に請求する。返してねーって。消費税の還付金額は、増税前は50円、増税後は105円。国内の部品企業から強権で価格据え置きで仕入れて、海外に輸出する大企業は、増税で倍も儲かる。

一方、ハンドルを作った中小企業の場合。ハンドルの本体価格が954.545円。消費税額は10%だから95.45円。そうしないと増税前の1050円にならない。つまりこのハンドル製造会社は消費増税分の実質値下げを強いられるのである。

いやーそんなはずないでしょうと言うでしょう。政治家も官僚も、そういうふうに思って増税していない。でも、中小企業が部品を値上げすれば、トヨタ自動車は、じゃあ君から買わない、アジアの安い所で買うとなる。そうしたら中小企業の親父は、値下げする以外選択肢はない(だって従業員も機械もハンドル作るためだけに集めちゃってるからね)。

だから、円高で「苦しむ」輸出企業が、経団連などの圧力団体経由で政治家を金で操縦して増税させているんだよ。

そういう事情も知らない、大企業従業員以外の一般庶民が、「社会保障のため」とかいうプロパガンダに騙され…

サミット(大手スーパー)での買い物

塩鯖、ノルウェー産、一切れ144円。長崎産、127円。手羽「なか」(手羽には「元」「先」「なか」がある)、百グラム忘れた。

いろいろメモして買って帰ってきたら妻が、何かの調査結果で、メモしていったほうがいろいろ買ってしまうと言われる。何も用意しないでいきなり行って買ったほうが、たしかに安く済んだかもしれない。実感としてわかる。

しかるに安く売るものは店によって、日によってバラバラ。その日その店で安く売っているものを中心に献立を考えるほうが経済的だ。

しかも、サミットのポイントの三倍デーは今日ではなく明日。それだけで200円程度損した。200円あれば、ノルウエー産塩鯖がもう一切れ買えた。

一週間の献立を決めて買い出しに行くのは、そういう訳でダメだ。だから店頭でタブレットのレシピサイト見ながら買えばいいんだな。

グローバルエネルギーポリシーリサーチ(GEPR)読んでからサミット行った。そうしたら、身なりのいいお母さんふたりが立ち話していた。それはいいんだが、そのお母さんの子供と思われる男児が近くで泣きわめき、入り口の自動ドアを開けたり閉めたりしている。

男児の声は広いサミットに響きわたっている。そして、そのお母さんは数メートルしか男児から離れていないにもかかわらず、立ち話に夢中で、子供を完全シカト。

私は、このお母さんが無視している行為というのは、ひとつのテロ行為だと解釈した。すなわち、男児のわめき声で注目を集め、次のようなメッセージを発信していたのだ。

自分たち専業主婦は決して、無償で奉仕する猛獣の飼育係ではないと。

Google 日本語入力

ためしてみた。Google 日本語入力


すばらしい。

結婚生活幸せレシピ2012年日本編

結婚する人たちに申し上げる私のノウハウは実に面白みにかけた以下のようなことです。
まずは、紙とペンを用意してください。

配偶者がやっている家事カテゴリーの諸活動をすべて紙にリストアップしてください。

切れた洗剤の買い足し(詰め替えパック入り)
洗濯機の中から乾燥機使用不可のものをより分け、外に干す
食器を食卓から下げる←なるべく細かく。食器を洗うとかではない
食洗機の中の食器をしまう
食器の汚れを落として食洗機に入れる
子供の上履きを洗う
子供の上履きを干す
リビングの床やテーブルに置かれたものを元にあったところにしまう
リビングの床を掃除機がけする
ドラッグストアやスーパー、Tカードのポイントの管理

このようになるべく細かく、家事のあらゆるプロセスを細分化して一行一行書いていってみるのです。

いかがでしょうか。そして、このようにリスト化されたものは、そのままあなたのTODOリストになります。明日からやるんです。待ったなし、それこそが配偶者がディストレスを一方的に負担させられている家事の凶悪な側面です。

それを配偶者が、ネットとかでいくらでも拾える「ハック」(今言ったリスト化、細分化、すぐやるGTDなど)でこなす。そうすると、配偶者が次のようになる事態を予防できます。

配偶者との会話がなくなる
配偶者が太る
配偶者が抑うつ状態になる
配偶者が心療内科に通いだす
配偶者が新興宗教にハマる
配偶者が脱原発原理主義者になり、こどもを連れて引越したり、子供を家に閉じ込めたりする
配偶者がパチンコ依存症になる
配偶者に殺される
配偶者が出ていく

全部、嫌ですよね。だからこうならないために、今すぐ行動を。
いつまでも、出会った時のときめきを失わないために、二人でものすごい努力しないといけません。

今も昔も、幸せな暮らしはサザエさんみたいなものとして、あるいは、核家族でも双方の両親が近所に住んでいて家事のサポートをしてくれることがイメージされます。労働の再生産を、もっぱら家事従事者の専業主婦が担って来ました。

しかし、今は、資本主義の進展で富が一部の人に集中するようになり、その他大勢の労働の質は劣化し、労働力を家庭がせっかく再生産しても、家事労働従事者もパート労働しないと家計を維持できないほどにしょぼいです。

そうなると、家事育児をもし配偶者に任せっきりにすれば、配偶者の負荷は…

消費税反対、強い論拠

このブログはぜひ読んだほうがいい。
http://blog.goo.ne.jp/rebellion_2006/e/4b691f74c6529789d6f44ae16f5f5c6e?fm=rss

消費税は欠陥税制で、貧乏人に厳しく、金持ちや輸出大企業に優しい。
私は消費税の増税にはいかなる正当性もないと思うし、違法・正義に反する反社会的政治だと思う。

絶対に消費税増税だけは許せない。皆様もぜひとも、消費税の増税には反対していただきたいと思う。

ニッポンのジレンマをみて

1970年代以降生まれの若い論客が、日本の格差をテーマに議論する「ニッポンのジレンマ」を見て印象に残った点。

渋谷知美さん(社会学者)が、日本の男は企業に時間を奪われて子育て育児の準備が出来ていない。もっと子育て育児に参加する準備をしないといけないというのに対し、猪熊さん(IT企業経営者)は「100%正しいが、絶対に無理」。

私も無理だと思った。子育てするには金がかかり、金を家計に持ってくるには、それこそ効率よく稼がなければならない。未経験でも大学出ればすぐに企業に入れて、9時から5時まで働けば金が持ってこられるシステムがある以上、男は外で稼いで女は育児家事が一番効率いいしすぐ出来る。

私はそれをしないで、家で妻と一緒に子育て家事育児仕事全部(つまり役割分担や線引きを、アクティビティーに対してほとんどせずに)やってみて、効率のいい部分もあれば悪い部分もあり、ただひとついえるのは気分的に大変すぎて、しばしばディストリクトに襲われるということ。

あと、なんだろうか、人生いっぺんに全部やってきて、もうおなかいっぱい状態になる。そうすると、毎日、やる気があるうちは何とかルーティンワークをこなし、やる気が枯渇してくるともう何も出来ない。寝るとか非生産的なことにしか。

今回参加していた論客はきっと私ほどには家事育児はやっていないだろう。家事育児ばっかりやると、「教養」が剥落してだんだん近視眼的になってくる。なまじっか知的好奇心が高く、社会的自己実現欲求があるとつらくなる。そういうのは出来なくなるから。だって家事育児の肉体労働で疲れて眠くなり、本を読めない。

もっと政府が、家でケアワークに取り組む人たちに金をばら撒いてくれないと、若い人が子どもを産もうという動機は干上がる一方になる。

高齢者への公的支出対、若い人への公的支出の比が確か11:1だとか番組でいっていた。高齢者っていったいなんだろう?

ああ、親か。親のすねをかじれば駄目駄目な政府の再分配機能を補完できるというわけだ。堂々と親のすねかじろう、みんな。