原発は安全ということにして幸せに生きたい

莫大な税金も突っ込んであるし、(多少はミスをすることもあるが)優秀な人材がしっかりやっているから、原発は安全だと思ったほうが精神衛生上よさそうである。

経済的な衰退が多くの人の人心を蝕む。その負の影響は原発事故に比べてどうなのか。もっと正確に言えば原発の事故が起こる可能性のリスクに比べて。

電気料金高くなったら困るし、若者が就職できないのもまずい(就職活動で失敗したのを苦に自殺する若者が増えているという)。

もちろん長期的には原発はやめてしまって、これ以上廃棄物が溜まらないようにすべきだとは思うが、すぐに自然エネルギーにシフトできるはずもないから、それまでのあいだは。

本当に答えが出ない難しい問題だが、幸い私はその答えを出す職責を担わされているわけではないので。

このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬