作文教室 得られた教訓

いろいろなお子さんがいらっしゃるので、個別に、きめ細かく支援していくことが非常に重要だとわかった。

子ども(生徒)のことを詳しく知る、知り続けることで、自分も成長して、人生を有意義なものとしてまっとうする。教育活動というのはそういうことである。

もちろん子どもが優秀な成績を収めるとか、いい大学を卒業するとか、そういう側面を親は期待するかもしれない。

しかしそういうことはもはや私の教室ではまったく重要ではない。

作文は一朝一夕ではうまくならない。


このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬