家事をやると損なわれるもの

男女問わず家事を、一定以上の物量を休みなくし続けると、確実に心のなかにある大切ななにか、たとえば、人間らしい文化的営みへの情熱が損なわれる気がする。

家事労働それ自体は目的ではなく、手段でなければならない。目的は、美しく組織化・構造化されたライフスタイルの実践である。

しかしいつしかその目的は色褪せる。目的を実現するために手段をこなす営み自体に飽き飽きしてしまう。飽き飽きしてしまう。これに飽きたらどうなるか。手段としての家事が残るだけである。家事を終えることはいつしか目的になる。

数少ない知己のうち、類まれなクリエイティビティを発揮することができる人がいる。彼らは例外なく家事をやらない。

クリエイティビティを損なうだけではない。大切な家族を慈しむ気持ちにも、家事は黒い牙をむく。

子供や老人の世話をしなければならない常態の者にとり、家事の負荷が極まると、負担感は世話の対象者へのいわれなき憎しみに変わる。私は家事をしながら、ほんの僅かなきっかけでそうした家族への暗い感情を抱くことがよくある。

たとえば、この真夏に。生ゴミ袋が数日前にペールの中で破れており、その液体で手をビショビショにしながらその袋を有料ゴミ袋に移し替えたり、前日大変な苦労をして集積場に持っていった、重い埋め立てゴミが収集人のミスでそのまま残っており、次の収集は二週間先だったりすると、そうした暗い感情が頭をもたげる。

もちろんこうした感情を、為すがままに涵養するのは倫理上はもとより、理屈の上からもあってはならないことだ。生ゴミ袋の耐久性や、収集人のミスの一体どんなところに、愛すべき家族に帰責する部分があるというのか。一切ない。

それを打ち消す方策を、幸い私は知っている。それはひたすら寝るだけ。起きたときに、再び家事をやるエネルギーが体に回復していることを祈りつつ。

このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬