発達障害児の支援とは

実行しないとその子の属する集団の秩序がめちゃくちゃになる、発達障害児の支援とは要はそういうこと。一人の発達障害につき、一人のサポートスタッフが必要。

発達障害児はサポートスタッフがいない時、次のような行動を取り始める。
  • 声を出す
  • 身の回りのもので音を出す
  • 椅子や机をがたがた言わせる
  • 立ち歩く
こういう症状が出たら親はすぐ、要支援の発達障害児と子を認め、自治体に支援を要請すべきである。親によっては子が発達障害であることを受け入れず、現実を直視しないままいたずらに時間がすぎることもある。それは親、子、社会の三者にとり有害である。

そういう親の典型が石原都知事だろう。だいたい都知事は、こういう子供が公立の学校にあふれているのにもかかわらず、大した施策もせずに(全くしていないとは言わないが、足りない)、どうでもいい島嶼部を買う買わないと騒いでいる。

発達障害児を早くに認識し、社会全体でその子の人生をサポートしていくことがとにかく、何より重要だ。

このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬