家が家電化している

昔、家、建物といえば数十年、数百年はもってあたりまえの資産だった。文字通りそれは不動産だった。ところが最近は、家がもって十年(ただし津波や地震が来なければの話だが)という風情である。

もちろん、基礎、柱、梁といった筐体はまともな会社が建てたものなら数十年は持つ。ところが、なかで暮らす人間に接する部分、インテリアや住設機器の寿命がとても短くなっているように思える。

というか、昔の家にはなかった住設を最近の私たちがどんどん取り入れ始め、それらの機器の寿命が最初から短いということなのだ。

私が最近これを痛感したのは、風呂をリフォームしたから。リフォーム前はタイルの風呂だった。20年近く経ち、タイルのひび割れなどから水漏れして、柱の一部が腐ってしまった。それでリフォームすることにした。

数十万かけて導入されたTOTOのサザナというユニットバスには暖房乾燥機がついていて、その機器の表示に、「もって十年です」みたいなことが最初から書いてある。メーカーとしては、いつまでも使い続けられて、一時期問題になったヒーターの回収事件(何十年も前のヒーターが発火する危険が発覚してメーカーが回収したり修理することとなった事件)のようなことは二度と御免被りたいのだろう。最初から十年と期限を切り、それ以上の安全性は担保しないと最初から宣言するようになった。

乾燥暖房機だけではない。風呂本体だって、プラスティックやFRPにあれこれ塗ってるだけだから、それらが経年で剥げてくれば、最初はピカピカツルツルの風呂も、薄汚れてくるに違いない。十年経ったらまた風呂を全部取り替えないと、メーカーが想定する商品が人にもたらす満足度を担保できなくなるのである。

さらにもう一点は、屋根の事だ。リフォーム番組などでは、家の外観をモダンにするためにガリバリウム鋼板が採用されることが多い。屋根は瓦ではなくスレート葺きややはり鉄材のものが多い。これらは、十年経ったら必ず塗装して手入れしないと、劣化が進んで、雨漏りを引き起こすのだ。

いちいち、屋根や壁の補修のために家に足場を組んで塗るとなれば、十万円単位で金が吹っ飛んでいくに違いない。

住設はとても便利だし、ガリバリウム鋼板や太陽光パネルなど家につけて利便性を享受するのは悪い気はしない。しかし、そういうことをどんどんやっていくと、あとで金がどんどん出ていくことになる。

家の近所に江戸東京たてもの園という、昔の古い建物を展示している施設がある。ほんの数十年前まで、日本の家に住設らしきものはまったくついていなかったことがよく分かる。たてもの園の、古い家に入ると、柱!壁!屋根!畳!みたいな感じで、シンプルそのもの。それにたいして、我が家はまるで、なんというか、パソコンのようなものだと思った。実際、中の身の回りにある機器、あらゆる住設や家電製品の中で、小さなチップが四六時中何やら計算している。

このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬