投稿

11月, 2012の投稿を表示しています

日本の若い女性はどう思っているのか

私のように女性問題に関心を持ち、研究者の書いた単行本とかばっかり読んでいると実際のところ、大学を出て都会で給与所得者として働く女性たちがどう思っているのか、については当然疎くなる。

そんなわけで、たまに、東京でサラリーマンをしている弟(11歳年下)と話をするのは重要だ。

弟に、先日のノルウェーの法律の話をした。つまりノルウェーでは法律で強制的に、男性社員の育児休暇取得を一定週数以上義務付けるとか、取締役会の4割以上を女性にしないといけないというやつ。ノルウェーは働くお母さんにとっても優しい国なのだ。

弟が、ノルウェーのような法律を日本にも持ってくることに反対した主な論拠は、周りの女性を見てると年齢問わず相変わらず、専業主婦の地位が日本では相変わらず魅力的であり、そんなにまでして働きたくないというのが女性の本音だからだという。

驚くべきことに、弟は、男の自分でさえ、専業主婦のような地位、つまり、自分より稼ぐ配偶者を得て、家で子育てやパート労働などして過ごす人生に、憧れを抱いていると告白した。難関私立大学を出て、今は丸の内の金融機関で、同年代の平均給与の倍近くを稼ぐ独身男がこういうのだら、複雑な心境となった。

日本の専業主婦の地位の魅力は、圧倒的に大きい。それに対して、給与所得者の魅力は下がる一方なのである。

まあでもそりゃそうだ、と。夫が金をかせいで持ってくるんだから、奥さんから見ればそりゃ不労所得だ(本当はアンペイドワーク=家事の分、不労という言い方は正しくない)。金をペイドワークで家計に持ってくる配偶者は、不動産のような投資目的の「資産」のひとつと考えたほうがいいのかもしれない。

まあしかし私は、それでもノルウェーみたいに男を、法律で強制的に家庭にひっぱりこんだほうがいいと思っている。だって愛を誓い合った夫婦なんだから、お互いの仕事を「シェア」するのが自然なのでは? 特に、家事というアンペイドワークをシェアしあって始めて、配偶者なんじゃなかろうか。

いくら専業主婦が魅力ったって、専業主婦のようなことを10年もやってくと頭腐ってくるんで。この労働のつらさはぜひ、相手にシェアしてもらわないと。

弟は独身だし、まだ若いな。ふふ。

dell LATITUDE E5500中古で2万

イメージ
今日は、いつも覗いて安値でパソコンを拾っている愛用のサイト、GENO(geno-web.jp)で、Intel Core2DUO 2.6GHz、Windows7home、メモリ2GB、120GBHDDがなんと2万切っていたので即買い。え?なんに使うかって? そんなの予備用に決まってるじゃないですか。それに、デルのノーパソは私は未経験。触ってみたかったんだー。

キーボードの初期不良で交換するトラブルはあったけれども、やっぱりデルだけあって、いいです。何がいいかっていわれると困るんだけど、前にadobeのソフトで不具合をいくらアドビのサポートに問い合わせても原因がわからず、そのソフトをデルのパソコンにインストールしたらその不具合が出なくなった件以来、デルやHPを信奉してます(ちなみに不具合が出たパソコンのメーカーはマウスコンピュータ)。
最初から無線LANが入っているのもいい。当たり前といえばそれまでだけど、2万弱ですからね。これ。
パソコン買ったら私が最初に入れるソフトは以下のとおり。
Google ChromeGoogle日本語入力システムMozilla Firefox愛用しているエディタ(MIFES)Microsoft Security Essencials 下手なスマホ買うくらいならこうやってパソコン買ったほうがぜんぜんいいだろう。非力なスマホの本体代とばかげた通信費のために、毎月払う金の高さといったらない。ほんの3ヶ月もすればこんな中古のノートは余裕で買えてしまう。


自民党が力を盛り返すのだとしたら

何というか、民主に期待したのに増税とかで完全に裏切られた若い人たちは、きっともう選挙に行かないだろう。

あとは地縁と二世議員満載の自民党だけが、選挙にワセワセ行く、数が多い、土建万歳、男尊女卑、政策オンチの地方の高齢者らに支持されて一人勝ちする感じ。

もう(選挙に行かずスマホばっかり見ている若い人たちは)国防軍で玉砕するしか道はナシ!

私はこのブログでノルウェーとか北欧の社会福祉や男女が平等にアンペイドワーク(家事)をシェアして協力し合う社会のことを書いてきた。オバマの医療保険改革に心から感動した。

憲法だって、さんざん守ろう、大切にしようっていってきた。なのになんだろうこの圧倒的な保守のムーブメントは。

自分の生まれたこの国のあまりの「前近代」ぶりには寒気を催す…とか書いていたら、未来の党とかいうまあまあなあたらしい勢力が登場。

未来の党にしよう。これからは。

今読んでるデフレの正体という本。書いてある、景気は小手先だけの国債増発ではどうにもならんと。人口が減ってるんだからダメだって。借金がどんどん増えて、ますます少なくなる一方の次世代の子供らに重くのしかかるだけだって。

安倍というのは珍しいくらいの馬鹿だ。

発言に違和感を覚える保守政治家

世襲を責められたら「選挙の争点としてはさみしい」。
「国防軍」を無理だといわれて「民主党が与党のときだって何してたってんだ」。
インフレ対策に国債を日銀に買わせりゃいいと平気でいう、経済音痴。
原発は、どんどん再稼働。

小学六年生だって、ちょっとした小論文でこんなことを書いたり言ったりしたら絶対に合格はおぼつかないだろう。それを、Aという保守政治家が厚顔無恥にも堂々と言っている。馬鹿というほかない。

こんなアホが総理になりそうだってんだから青ざめる。もう絶対に税金なんて払いたくないし、テレビも見ない。勝手にやってほしいという心境になる。

まあこれほどの馬鹿が、それでも担ぎ上げられようとしているんだから、何か裏ではよほどのことが取り交わされているのに違いない。何だろそれ。まったくわからない。わからないものには、お金は払わない。やっぱりだから、税金は払わない。

地球でイチバンお母さんにやさしい国ノルウェー

イメージ
NHKの地球イチバンという番組で、一番お母さんにやさしい国としてノルウェーをとりあげていたので興味深く観た。

ノルウェーでは、

一定時間以上の育児休業を取ることを男性は義務付けられている。男女とも、その割合が取締役会の4割以上を下回ってはいけない。離婚した夫からの養育費の滞納があった時は国が変わって払う。育児休業から戻った社員の不利益な取り扱いは禁止する。育児休業中の社員の給料は国が払う。

こうしたことが法律で義務付けられているという。

だいたい日本のメディアは、北欧の高福祉国を取り扱うと、次のような「オチ」をつけてネタを〆てしまう。

「消費税は25%にのぼる」

それが何か? 日本も同じような法律をいますぐ制定するべきだ。

私は消費税ではなく相続税をバーンと上げて、子育て世帯への福祉にまわせば良いと思う。それに、日本でも会社に縛られたお父さんを家に戻すために、法律でノルウェーみたいにすればよいだろう。法律で決めてしまえば、いっせいにそうなるからいいと思う。

とにかくこのままでは日本は、後進国とバカにされても抗弁できないだろう。この間も、公衆トイレで出産してすぐ生まれた男児を絞め殺し、フラフラになって出てきた女子高校生を保護したというニュースがあった。自分の国でそんなことが起こるなんてかんべんして欲しい。

教育から社会制度から、なにか間違っているに違いないと思わずにはいられない。

消費税を上げるということに、従前なら原理主義的に反対だったが、子育てに取り組む若い人たちの福祉の増進のためならばいくら上げても構わないという心境になった。相続税とセットで上げるべきだ。

さて今度の衆院選挙で、ノルウェーのような先進的な法律をマニュフェストで約束する政党はいるのかどうか。それとも土建とインフレで戦前の悪夢のようなプロセスに逆戻りするサル山のような政党だけなのか?


冒頭の番組で、パブで取材したある男性が言った言葉。

「一日中子供の面倒を見るために家にいるなんて、考えただけでゾッとする。そんなことを女性だけに押し付けられるわけがないだろう」

至極名言だ。

政治的メッセージを家族写真につけてみるとPart2

イメージ
おもしろい。やってて。第二弾はいま旬の脱原発ネタで。
原発やめてほしいんです。


政治的メッセージを家族写真につけてみると

イメージ
政治的メッセージを家族写真につけてみるとどんな感じになるかやってみた。

テーマはもちろん護憲。

人々が保守政治家に頼る気持ちはわからないでもないが、憲法は関係ないと思う。
そっとしておいてほしい。


七五三

イメージ
ネットのレンタルコスチュームを使って、近所でロケハン。picasaで編集してこんな写真に仕上げてみた。背景に写っている瀟洒なロッジ風のたてものについては秘密です。

衣装代は13,000円。カメラは持ってた一眼レフカメラ(ニコンのD80という古いもの)。スタジオアリスだの、近所の写真館だのといった立派なスタジオで写真を撮っていたら家計の持続可能性がきっと損なわれていただろう。

消費税簡易課税制度選択不適用届出書提出期限を知ろう

消費税簡易課税制度選択不適用届出書の提出期限は、適用を受けたい決算期が始まる日の前日である。

社員に給料(=非課税仕入)もろくに支払えず課税仕入ばかり多くて赤字を垂れ流している、日本の中小企業の殆どの場合、この書類は、まさに金券だ。

特に、簡易課税制度を惰性で2年以上使ってでダラダラ弥生などで決算している私などが該当する。

ちなみに売上が一千万を下回ったら、消費税の納税義務者でなくなった旨の届出書を即座に出すことはさすがに私も忘れない。

これからの人生、消費税が上がる一方だろうから、こういう書類と提出は一層重みを帯びてくる。

夫婦円満の秘訣は互いに我慢

こんな記事を見た。
夫婦円満には「我慢や忍耐」85%=ストレス胃痛も-ライオン調査

 いい夫婦でいるためには85%が我慢や忍耐が必要と考えていることが、ライオンが既婚男女を対象にした意識調査で分かった。また仲の良い夫婦の約4割がストレスが原因の胃痛を経験しており、「おしどり夫婦」でいようと懸命に努力する様子が浮かび上がった。ライオンは「仲が良い夫婦ほど言動に気を付けているようだ」と分析している。
 調査結果によると、「周りの夫婦に比べて自分たちはいい夫婦だと思っている」人は全体の86.6%。このうち38.1%が夫婦間のストレスが原因で胃痛になったことがあると回答した。夫婦げんかを避けて相手に言いたいことを我慢する人の割合は女性67.2%に対し、男性は81.2%。これだけは言わないように我慢している言葉では、女性は「もっと稼いでよ」(34.5%)が最も多く、男性は「もっとちゃんと掃除してよ」(22.7%)だった。
 調査は、語呂合わせで「いい夫婦」となる11月22日に先立ち実施。10月12~14日にインターネットで、20代後半から40代で胃痛を経験したことのある首都圏在住の既婚男女500人を対象に行った。(時事通信 2012/11/17-15:36) 私ごとで言うとまったくこれはそのとおりだと思う。忍耐や我慢。私は、毎日の単調な家事や、掃除をひたすらこなすこときに忍耐が必要だと感じる。妻や子供が病気になった場合、家事や育児の労働は倍になり、過酷さが増す。そういう時も文句を言わず忍の一字で乗り切る精神力が必要になる。

結婚は自分の欲を捨てて他人のために人生を捧げるフォーマットにほかならない。色即是空、まさに禅の境地だ。これが円満な結婚生活の本質だろう。胃が痛くなるんだったら、せいぜい質素な食を心がければ良かろう。もしこういうのが耐えられないのなら、孤独な人生をまっとうするほうが社会にとっては害悪が少なくてよい。

決算逃避行としての食器洗い機とPC設置

経営している会社の一つが(微妙に嫌味か?でも全部奥さんと私だけならどうか?)決算の申告期限まであと二週間と迫っている。こういう時は普段やらないような家のことについて、俄然やる気が出る。おなじみ逃避行だ。

今回は2つばかりやってしまった。一つは食器洗い機の更新。これまでTOTOのを使っていたが、今日ネットで安くパナソのを買った。コジマでは工事費込みで7.5万のところ、カカクコムの業者で買ったので5万かからない。コジマのような量販店の店頭で、高い金を出して高齢者はカネを使うべきである。しかし若い私は高齢者のための国保の支援金や介護保険など負担しないといけないので、なるべく節約できるところは節約しないといけない。家計を持続させなければ。

買って開けて予想通り、うちの分岐水栓には一切合わない。コネクターと、分岐水栓から取り外した金具を、Jマート三鷹店に持って行って付けたいと言ったら親切に教えてくれた。それで、ちょっと短かった排水ホースの延長用のシリコンホースも買ってきて、無事に自分で設置できた。

大変満足だ。

もう一つは、家事の合間にやるダイニング用のパソコンの更新。これまた激安のパソコンを用意して、設置。プラネックスの無線LANの親機によってはなぜかiTunesの共有サーバー機能が使えないことが判明。これはプラネックスに問い合わせした。

まあ使える親機を使えばいいだけの話だが。ただ、使えないほうが、新商品で値段も高いのでなんとなく納得行かない。

買った機器の機能のうち、ある機能は使えないというのはなんか嫌だ。その分損した気になる。

明日からまた決算だ。税理士に頼めば7万かかるが自分でやるからその分は支出がない。もちろんアホな決算作業の機会損失はあるんだけど、決算は自分でやると決めている。

まあ貧乏なだけで。いつかは、決算は税理士に、家事は家事代行業者に任せて、自分は海外のインテリア雑誌を眺めてコーヒーを飲みたいと思う。そういう日はあと何十年かは来ない気がするのだが。

現代文明人におけるマンネリズム

現代文明も、トイレに入れば蓋が自動で開き、暖かい便座で用を足し終わって立てば勝手に水で流してくれる。水量は徹底的に節水を計算され尽くしてきわめて少量、しかも「銀イオン」なので汚れも付きにくいところまでくれば、あとは何があるってんだろう。

何不自由ない暮らしのはずが、じつはそのトイレの電気代も爆上げしそうな今日この頃。何がつらいかといえば、朝起きて、仕事、帰ってきて家事をしてブログ書いて寝る。それまでのプロセスが、ここ10年ほど寸分違わず違わないという、生活のマンネリ化である。

いや、もちろん病気になったり、事故に遭ったりして人生が一変してしまうことを「思えば」まあ幸せかもしれんが、幸いそういうこともなく、生活のマンネリだけが圧倒的な相貌をもって私の心にしみ入ってくる。迫ってくる。

暇と退屈の倫理学という本も読んでみたが、もちろんそんな読書体験ぽっちでこのマンネリ化という波に抗うことは不可能である。

ブログも書いてせいぜい発散するのだが、このブログの内容自体、もしや過去に似たようなことを書いたのではないかと寒気をもよおす。

チダイズムの紹介

イメージ
今日は、日に15万アクセスを誇る「チダイズム」というおもしろいブログを紹介します。今日だけ、ですます調になりますが、チダイズムがですます調なので合わせてみました。

私は常日頃から最大の疑問は人々の多くがなぜ、自民党のような極右の変態保守政党を支持するのか、なのですが、自民党に対してそのように考えている人はそれほど多くないことも知っています。

むしろ変態政党は社民や共産こそ、そうだろうと思っている人が多いでしょう。

私は、結局、道路とか公民館のようなハコモノ、土木事業などの公共事業(雇用)、そして原発!を、中央から引っ張ってきた偉い先生ということで自民党がズーッと支持されてきたんだろうと考えるようにしています。そういうことがなければ、生活も成り立たないような人たちにとって、自民党は頼りがいのあるゴッドファーザーだったのです。

次の衆院選で、自民党が民主党とか、その他の小規模新進勢力を凌駕して圧勝することが見込まれているようですが、それも不思議ではありません。ちょっと前に小金井市長が革新の市民派から出ましたが、彼はゴミ焼却を担っている広域連合のじじいたちに「友達」として受け入れてもらえず、市のゴミの行き場が無くなりそうになりました。

市民派市長が、この責任をとって辞めたあと、自民党の、何期も務めてきた元現職市長が返り咲きました。そのとたん、市のゴミは「友達」に受け入れてもらえることになったのです。八王子市市長(小金井市のゴミを受け入れるかどうかを決定する発言力がある自民系)はこういいました。「友達が困っているのを見過ごすわけにはいかない(から小金井市のゴミを受け入れる)」 市民派の市長は友達じゃないから困っていても知らんぷりというわけです。

自民党というのはこういうふうに、不思議なネットワーク、神通力を持って、いろんな人たちを結集することに長けています。専門馬鹿のたこつぼ化してバラバラになり、結局まとまった政党の体をなすことなく常に少数のまま終わる左派・革新系の連中とはそこが違います。日本の選挙、農村民主主義をよくわかっている。

さて、ユニークなブログを見つけたので、ぜひ皆さんに読んでもらいたいと思って以下に引用します。ブログのタイトルは『チダイズム ~毎日セシウムを検査するブログ~』。文才豊かな放送作家が、自分で、毎日食品の放射能を計っては数値を公開しています。

中…

格差を放置すると増える原理主義

アメリカの共和党や自民党は小さな政府を標榜している。基本的に彼らは格差を放置し、既得権益擁護のスタンスである。

これは問題だ。原理主義が増えるだろう。原理主義勢力が増えないよう、一貫して、物語の力で対抗してきた作家が、村上春樹だ。

村上春樹の警鐘に耳を傾けたい。

原理主義とは何か。いろいろある。イスラム教原理主義(男尊女卑、自由なし)。アメリカのキリスト教右派(進化説を否定)。 日本のなんだろ?ナショナリズム?ネトウヨ。村上春樹は、原理主義に共通するのは、人々から想像力を奪うことだと云っている。まったくそのとおりで、原理主義者たちの、自分たちの思想に与しない人たちへの攻撃はまさしく想像力を欠如したADHD気味の子供のわめき声にしか聞こえない。

日本は弱者にまだ優しいほうだろう。しかし最近は橋下とか石原とか、一般に支持を集めてきている政党集団の右傾化が目立つ。支持しているのは、貧しくて希望をなくした若い世代かもしれない。

原理主義がなぜ増えるかといえば、貧しくて希望もないならせめて気持ちだけでも高ぶりたいのが人情。そこに漬け込んで、大層な物語をインストールして鼓舞するのが原理主義だ。家族も、富も、将来への希望も失った若者たちが、国のため、ムハンマドのため、イエスキリストのため、その他信仰のために人生をかけることを一体誰が責められようか。

格差を放置すると右傾化して、日本はいつか来た道を再び巡ることになりかねない。政府官僚は自分たちの権益保護に奔走するばかりではなくして、蚊帳の外に置かれた人達にもっと再分配の果実を与えることを忘れてはならない。

公正なモラルに根ざした再分配の実践を富裕層や大企業がしないことには、結局自分たちの首を絞めることになるだろう。

こういう大上段な話を、大メディアに属さずに、非常に低いところから孤独に発信している私って偉くないか? (泣)

高すぎる電気料金

http://okwave.jp/qa/q6550904.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1236417762

エネルギーシフトという大変わかり易い番組を、BSスペシャルでやっている。
東京電力の電気代が値上がりするということだったので、電気料金がどういう仕組で計算されるのかをこの度確認した。
その備忘。

アンペアとワット
アンペアは、電流。ワットは、消費電力。
1A=100W
よく、テーブルタップコンセントで15AまでOKと書いてある。1,500Wの消費電力の電気器具までつなげて良いということだ。
また、うちの東電の明細には契約電力:15kvAと書いてある。
kだから1000、つまり15000アンペアかと思ったらそうではないらしい。15kvaとは150Aのこと。ということはテーブルタップで例えると1500☓10個までくっつくということ。もちろん一時にそんな大量の電気を使うということはない。

これに対して、使用電力の欄を明細で見ると3000kwhとか、2000kwhとか書いてある。月によってだいぶ違う。これは一時間当たり、その月、どのくらい電力を消費したかということらしい。

http://www.eco-words.net/fuel/kwh.html

1kWhとは、1キロワットの仕事率(電力量)を1時間続けたときの消費電力量(または発電電力量)の事を指す。
一般的に、電力会社から電気を購入した場合の単位や、太陽光発電システムエネファーム燃料電池)などで発電した電力量の単位についてはkWh(キロワットアワー)であらわされる。ちなみに、単位の「k(キロ)」は1000をあらわすため、1kWh=1000Wh(ワットアワー)ということになるが、Whという表記がされる場面はほとんど無い。
エアコン消費電力が2.5kwとなっている場合、このエアコンを5時間使用した場合の消費電力が2.5kw×5h=12.5kWhとなる。
これを読むと、一ヶ月を30日とするとひと月720時間。夏場なんかうちは、毎時間4000ワットも消費しているのか。それっておかしくないか? 

ファイナンシャルプランナーに相談しよう

今日東京新聞で、お金のことをファイナンシャルプランナーに相談しようというFP啓蒙記事が掲載された。

記事中、企業(保険会社や銀行など)に所属しないで、独立した立場から活動をするFPに相談したほうが中立性が保てるのでよいが、そうしたFPを探すのは数も少なく、難しいとある。探す方法として、ブログを書いていたり、地域の日本FP協会の支部に問い合わせたりすればよいのだそうだ。

ちなみに、ブログを書いている、独立系のFPという定義がまさに現在の私に当てはまる。

相談を受け付けるようなPRを大してしていないので客は殆どいないが、読者の中で、お金の相談をしたいと思ったらぜひとも、気軽に連絡してほしい。

相談料は一時間五千円から一万円、とされているのだが、私の場合は一回の提案書の提出で一万円としている。面談しての打ち合わせは行わず、メールや電話で詳細をヒアリングする。

記事では、借金したり、投資商品を買ったり、あるいは結婚などの節目でFPと相談しておけば、防げる失敗があるということだった。

 記事としてはまあまとまっていた。たしかにそういうこともあろう。では実際はどうか。「数少ない独立系FP」である私のもとに、相談は寄せられているのか。答えはノーである。

 理由を教えよう。

私に言わせると、そもそもFPに相談することができている時点で、その人はもう問題ない。相談しなくてもだいたい自分で解決できるリテラシーを持っているといえる。ファイナンシャルプランナーについて知っているということはネットであれこれ、ググったりして調べる程度の能力を持っているはずであり、そうしたら、物事ほとんど解決することもまた、その人は、知っているだろうからだ。今はFPにカネを払う前に、グーグルが答えを無料で教えてくれる。

ところがFPの存在など一切知らずに生涯を終えていく人たちが世の中ほとんどであり、そういう連中がどんどん金融商品や借金の金利の餌食になっていく。 そういう人たちは、知らないままリスク(地雷)を踏みまくった挙句、FPをすっ飛ばして行政とか裁判所、医者の世話になるような災禍に陥って、最悪の場合生命の危機に陥ることすらある。

古代ギリシャ時代から、物事を知らないということが常に人生の最大のリスクで在り続けている。
歴史としてもそうだし、一個人としても、小学校時代からよく本を読め、と学校の先生に言われ続け…