発言に違和感を覚える保守政治家

世襲を責められたら「選挙の争点としてはさみしい」。
「国防軍」を無理だといわれて「民主党が与党のときだって何してたってんだ」。
インフレ対策に国債を日銀に買わせりゃいいと平気でいう、経済音痴。
原発は、どんどん再稼働。

小学六年生だって、ちょっとした小論文でこんなことを書いたり言ったりしたら絶対に合格はおぼつかないだろう。それを、Aという保守政治家が厚顔無恥にも堂々と言っている。馬鹿というほかない。

こんなアホが総理になりそうだってんだから青ざめる。もう絶対に税金なんて払いたくないし、テレビも見ない。勝手にやってほしいという心境になる。

まあこれほどの馬鹿が、それでも担ぎ上げられようとしているんだから、何か裏ではよほどのことが取り交わされているのに違いない。何だろそれ。まったくわからない。わからないものには、お金は払わない。やっぱりだから、税金は払わない。

このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬