アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

いけない機能搭載 地デジ/BS/110度CSデジタルダブルチューナー【AKB-PVR202】、通称カンカンを買ったかもしれない。

この愛くるしいパンダのような名前は、このチューナーが秋葉原で営業している吹けば消し飛ぶようなゲリラ的メーカーのささやかな自己主張である。

買ったかもしれないのは10月末だったが、設定にきっと鬼のような時間がかかると思い、後回しにしてきた。それを昨日、ついに手がけることにした。まずは、分配機やアンテナケーブル、HDDを用意。

壁に付いている30キロの液晶テレビを外して、HDMIケーブルが付いていることを確認。カンカンの後ろにつなげる。その他ケーブルを全部つなげて、ハードディスクもフォーマット、登録した。これで問題なくチューナーでテレビが見られるわけだが、たまたま、後ろにイーサネットの端子を見つけてしまった…。なんだろう?

メーカーも、私も何をやっているのか、目的もはっきりしないなかで、あれこれ設定してみたところ、LAN内のほかのPCからカンカンにつなげたHDDにipアドレスでアクセスできる状況となった。

ところが、これを試みたところ頓挫。もちろん、そのHDDをサーバとしてほかのPCから、自分で作成したファイルをバックアップ目的等で保存するために、どうしてもLAN上から見える必要があってだね、こうやって苦労しているのは、いうまでもなかろう。何かこのチューナーで視聴目的以外の機能を使ってどうこうするということは考えたこともないし、知らない。

わかるな?

さて、この時点で午前三時、しかも次の日は朝から予定があったので寝る。

次の日。

LAN上の目的不詳の「ある」サーバに、自分のPCで自分で作ったデータファイルを保管する目的でアクセスするには、当該サーバを操作するカンカンのリモコンのメニューボタンを押して0000を入力。デバッグモードになるので、以降は、


2.ネットワーク設定を行いテスト後保存を選択
3.リモコンで電源を切る
4.電源ケーブルを抜く
5.電源ケーブルを挿す
6.リモコンで電源を入れる
7.メニューからIPアドレスを確認する
8.PC側から確認したIPアドレスを入力する事でpublicと言うフォルダが現れます。

エクスプローラーで\\192.168.0.** などと、設定したIPアドレスを入力すればよい。これで心置きなく、チューナーがたまたま持っていたにすぎないサーバ機能を、メーカーも一切想定しないことで使って、余剰HDD資源にデータを、もちろん自分で作ったファイルを、アップロードして安心して保管できる。

いけない機能を搭載したチューナーだが、その機能については知らなかったことにしよう。これからも知らない。

【追記】2013.4.7
このアキバチューナーカンカンは結局、録画した映像を再生すると途中で止まるという不具合が、何をしても改善されなかったので、販売元に返品した。メーカーサポートはUSBコントローラーの相性の問題とか何とか言っていた。結論としてこの機械に3万円払ってまで、録画したいものもないしファイルを移動してどうのこうのという必要も私にはなかった。合掌。ちなみに、代わりに買ったのは、バッファローのWチューナー地上・BS・CSデジタルHDDレコーダー1TB DVR-W1V2/1.0T 17,397円である。こっちの機械は、番組表の表示も録画予約の操作も非常に早くて快適だ。面倒なLAN設定はそもそも機能としてない。

このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬