国防と子育て。税金何に使ってるのか?

収入が450万円しかないお父さんが、1億円の借金を背負っている破綻家計。それが日本国の現状である。一部のアホな政治家は次も政治家でいるために(たくさんの票を大勢のアホから入れてもらうために)、家計と国は違う、国はお金がないならじゃんじゃん刷ればいいといっているが、そんなことをすれば経済が破綻してしまう。エネルギーや食料だって海外から買えなくなる。

いったい何でそんなに税金がいるのか?国は何に金を使っているのか。知りたくなってググってみた。

周辺海空域の安全確保:尖閣諸島沖とかを中国の船が来るがそれを追い払うのにあたらしく護衛艦が必要、一隻1155億円。潜水艦一隻547億円も新しく作っちゃおう! あとヘリ(二機で105億円や輸送機(二機で329億円)も!!って、持ってないわけ?ほかで使ってるのまわせないの?
宇宙関連施策の推進:宇宙だわーい、ってなわけで1908億円。え?センサーの研究とか、衛星通信の利用とか、気象衛星の利用とか、商用画像衛星の利用とか。1908億円ですが何か?宇宙ですよ、宇宙!!
東日本大震災の教訓を踏まえていろいろ買いたいわけで:2375億円。ヘリや輸送機も新調するでしょ、最新式の通信システムも作るでしょ、訓練も色々するでしょ、メンタルヘルスケアも充実するし、防衛大のあたらしい授業プログラムも!


以上、防衛省のサイトから。国防には金がかかるいいわけPDF。もちろんこの資料を作ったのは公務員であり、その仕事への対価は国民から集めた税金で支払われる。


もっと子供とか若者に金をかけたほうがいいんではないか? 若い夫婦が子供を安心して育てられるようにしてもらいたい。だったら子育て支援関係ではどれくらいお金使ってるんだろう?

待機児童解消策の推進など保育サービスの充実:ほとんどがすでにある幼稚園や保育園の改修費や、新設つまり「ハコモノ」に金かけるっしょってことで、4304億円、いただきまーす!
虐待を受けた子ども等への支援:虐待を受けた子供を一時的に預かったり、里親を手配したり、励ましたり、病院と連携したり、自立できるようアドバイスするのに915億円。
テレワークの普及促進:公務員が助言するのに3省庁合わせて1.5億。
過重労働の解消等のための働き方・休み方の見直し:労働局にコンサルタントを雇って助言させるのに11億円。
キッズデザインの推進:繰り返し起こる子どもの事故を予防するため、子どもの事故予防に配慮された製品開発を、産業界が積極的かつ持続的に推進し、キッズデザインによる製品市場が拡大していく体制の構築を目指し、子どもの事故情報、人間特性データ、評価分析ツールなどの異業種横断的に利用可能な共通基盤の整備等を行うために1.3億円。

内閣府がまとめた、平成24年度子ども・子育て施策関係予算(当初)のポイントとかいう、いいわけ。もちろんこの資料を作ったのは公務員であり、その仕事への対価は国民から集めた税金で支払われる。

なんだか、金の使い方間違ってないか?

なんで今どき、やれ地震が起きたからってヘリだの輸送機だの、護衛艦だの買うかね。それに、相変わらず子育て支援関係では、ゴリゴリの既得権益層である幼稚園保育園のハコモノ整備だとか、効果ゼロで意味不明な「助言」とか「支援」とか、役人のポスト作りが見え見えのムダ遣いにどんどん金流れてるんだろう!

まったく、誰か止めてくれーこの金の使い方のアホ加減。国だぞ、国。借金で首が回らない国。それがこんなアホな金の使い方。マジで私FPだけど、やばいだろう。FPじゃなくたって、やばさは分かる、このPDF見れば。ね!

このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬