憲法96条を変えてはダメな理由

憲法改正というのは難しい問題を孕んでいる。私は、為政者グループ(一部の富裕層や大企業、世襲政治家あるいは大衆政党)と、それとは距離を置かれた大多数の中間・貧困層の格差が、憲法改正によってさらに広がることを懸念している。特に96条で改憲要件が緩和されるとまずいと、かねてから危惧してきた。
小沢氏は「(96条改正で憲法改正要件が緩和されれば)政権が代わるたびに憲法を変えることになる。日本のようにまだまだ民主主義の意識が希薄で、定着していない国家では、ますます混乱するのではないか」と述べた。「(憲法)改正に反対と言っているわけではない」とも語った。(生活の党の小沢代表、東京都内で開いた自らが主宰する「小沢一郎政治塾」で講演 2013.3.5)
小沢氏とはこの点で一致している。小沢氏はたしかに、大衆ウケを狙ったことばかり言っている。このあいだも日和見主義的に未来の党とくっついたりして、ひんしゅくを買ってしまった。

しかし、上記のように、結構本質的なことを言うので目が離せない。ここでは、彼は、日本の民主主義は未成熟で脆いと言っている。

まるで、私のような泡沫ブロガーや市民運動家のような発言である。

このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬