今日からTPP反対

不勉強だった。私はこれまで、日本の食料品がクソ高いのは関税で安い食料品が国内のマーケットに出回らないようになっているから、その関税障壁をTPPで取っ払って、一刻も早く食料品の価格を下げてもらわないともう私の家計は厳しいと思っていた。

しかし以下の動画、米国市民団体によるTPPの恐るべき真実を見て考えを改めざるをえない。


TPPはこの市民団体によれば、「企業による世界統治」ということである。「オキュパイ運動に対する1%の反撃」とも言った。

護憲の立場からも、TPPのように国内法のせいで特定企業の利益活動が損害を受けた時に、その国は損害賠償をする責任を負うみたいな企業のみを利するお伽話が入っているとなれば絶対に許すことはできない。

極端な話、TPPで某企業が、オタクの国の憲法のせいで仕事を邪魔されたとかで訴えられて、日本はごめんなさいして税金からその企業に金を渡さないといけなくなることもありうる。

これは極端だが、立法のプロセスでもTPPに遠慮して、まともな法、市民的良心に根ざした法や条例が提出されにくくなることは間違いない。

まったくもって私はこれまでの言動を反省し、今日からはもっぱら護憲の立場から、強くTPPには反対して行きたい。

TPPでヤラれるのは、私が昨日まで思っていたように、農協と農協に搾取される地方の高齢農家だけではなかった(もちろん彼らはまっさきにヤラれる)。彼らだけではなく、日本の民主主義、議会制民主主義が米企業や1%の連中にいいように弄ばれるようになる。TPPで、市場として加盟国が洗練されるということは、まさしく格差固定、市民や環境軽視の企業倫理が、跋扈する恐ろしい世界になるようである。

こう書くとまるで日本共産党のようであるが、私はまったく不偏不党であることを強調しておこう。

このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬