ベーシックインカム日本は導入すべき

ネットの動画放送で、社会学者の宮台真司氏と、経済評論家の波頭亮氏が話しているのを聞いて、私はベーシックインカムはまさにいま日本こそが導入すべき最高の先進国だと思った。


ざっくり言って日本の再分配はおかしな事になっている。高齢者と若者の、社会保障給付の格差は開くばかり。消費税が増税されるが、それで増える税収と同じくらいの経済対策(主に公共土木事業)でばら撒かれる。

時間がないので細かくは書かないけれども、次のことだけは頭に入れておいてもらいたい。

  • 今の高齢者と比べると若者は、税や社会福祉コストの負担者として、きわめてアンフェアな状態に捨て置かれている
  • 本来は教育改革をして、学力レベルが中低位層の底上げをしないといけないのに、今の為政者は一部のエリートだけを集めて、中低位層は放置しようとしている
  • 日本の国地方の借金は一千兆円あり、その利払いで毎年、30兆円かかる。利払の他に、60兆円のコストが必要である。合計90兆円出ていく一方で、税収は40兆円しかない。足りない50兆円は追加でまた借り入れをする。このように、日本の財政はもはや消費増税でどうこうなるレベルを超えて、破綻している(から、支出がなんでそんな膨らんでいるのかを改革しないといけないが、政治家はそういうことは一切やろうとしない)
こうしたことの結果、若者は大学を出ても仕事が無い。あってもほとんどブラック企業みたいなストレスばかりの仕事か、年間契約の低賃金のアルバイトしか、年寄りの世話や掃除のような感情労働しかない。そして、自信を失って、結婚にも二の足を踏むから、子供が増えず、社会福祉の担い手も減る一方である。

そういうところに持ってきて、最低限の食料品にもズルズルと消費税が上げられて、ますますカネを使わなくなり、経済成長は滞る。経済成長が滞って、成長率が、国債の利率を下回れば、あとは国家破綻まで秒読み段階となる。

究極の悪循環だと言わざるを得ない。

こんな世の中なのに、右翼は韓国に謝るなとか、歴史は間違っていないとか言ってて現実から逃避し、サヨクはサヨクで、大企業は儲けを内部留保せず賃金に回せとか、労働者を全部正社員にしろとか言ってこれまた現実逃避している。

どーんと解決する方策、それはベーシックインカムしかないだろう。お願いだから、ベーシックインカ
ムにしてもらいたい。今日から私は、ベーシックインカム原理主義者になる。

ETV特集で、神戸の震災で大火災を起こした長田区に、神戸市が商業ビルを建てて、もともとの地権者(ほとんどが、昔からあった商店街の小さな婦人服店や飲食店)にそのビルの区画を法外に高い値段で神戸市が買い取らせ、引き続き営業をさせたのだが、20年経ってみて、そのビルの区画の半分以上がいまだに空室で、市が安く貸し出して改装費までタダにしてもテナントが入らず、市職員の天下り先になっている管理会社はバカ高い管理費を長年支払わされて怒り狂った商店主たちから訴訟を起こされて解任されそうになっており、商店主も地域住民もものすごい勢いで高齢化して、駅前なのに街ごとオワコン化している現場が報告されていたのを見て、もうこの国ヤバイなと。地方は特に。特にやばいと思ったのが、そういう放漫経営の管理会社を解任する署名集めをする高齢商店主たちに、別の高齢商店主が言った言葉。「自分たちで、市から買って商売をしてきた。それを今になって、他人のことを責めて、どうこう言うのは虫が良すぎるのでは」 これには脱力した。バカの壁のよい具体例だ。こういうことをいう高齢者たちを若者が駆逐するためには、やっぱりベーシックインカムしかない。最低限生活出来てはじめて、若者は、生活のための、高齢者から搾取されるだけの労働から自由な時間を取り戻し、そして、社会のことを考えはじめる。

私はバカな高齢者とそいつらに支持されているクソ自民党政治家たちから、今若者は一刻も早く、自分たちの民主主義を取り戻さないといけないと思う者の1人だが、武器が必要だ。その武器は、変えないままの今の現行憲法とそしてベーシックインカムである。

高齢者たち、既得権者らは、若者にこういう。「働かざるもの食うべからず」 しかもおおくの若者も、働くのはあたりまえだし義務だと思っている。

しかし、じつはそれは間違っている。働いた結果、破綻した社会保障に給料を吸い取られ、バカ高いコストの政府の維持に、食料品にまで課税される社会で働くのはもはや不条理であるし、人権侵害だ。そういうふうに、民主主義が、先進国の社会が、なってしまっているのである。そういう現実を見据えて、変えることを始めないといけない。考える時間をもらいたい。高齢者の、現実無視の糞説教を跳ね飛ばして。そのために役に立つのがベーシックインカムだ。働かざるもの食うべからずという奴らに、こう言い返せる。「僕は働かないで、考える。ベーシックインカムで生活できるから。あんたらは関係ないし、そんなクソ間違った説教をいう資格もない」

年長者にこう言い返す若者が増えたとしたら、その文明は、もう少し長くこの地球上で歴史を紡ぎ続けることが出来ると思う。

このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬