うつ病の仕組み

2013.10.27放送NHKスペシャル「病の起源 うつ病」によると、うつ病が発症するメカニズムは次のようである。

  1. 扁桃体が活動を活発にしてストレスホルモンを放出
  2. 全身が緊張状態になる
  3. 脳内で脳細胞の結合に必要な栄養素が不足
  4. ウツ症状を発症
扁桃体がなぜ活発になるかというと、以下の要因が分かっている。

  • 外敵の存在(人類にとっての肉食獣や怖い上司、暴力をふるう家族やクラスメート)
  • 孤独(孤独な状態だと不安が増して扁桃体が活発になる)
  • 記憶(トラウマを残すような直接体験)
  • 言葉(情報を通じて入ってくる他人の恐怖体験や巨大リスク)
アフリカのサバンナで狩猟採集生活を送る「ハッザ族」はみんなで協力して捕った獲物は、捕った本人、大人子供男女の分け隔てなく、「平等に」分ける。平等の状態は扁桃体がストレスホルモンを出すような活発さを示さないことがMRI診断等で分かっている。逆に、他人よりも多かったり少なかったりする、不平等の状態では、扁桃体が活発となりストレスホルモンを分泌する。

さらに、信頼の置ける仲間との社会的なつながりの中でおこなう規則正しい生活、栄養バランスの取れた食事、定期的におこなう適度な運動も、扁桃体の安寧に効果的それ故、うつ病患者の治療に有効だ。

この結果私は今世の中で一般的におこなわれているさまざまな、次のような(資本主義的な観点で合理性に欠ける)活動はウツに効果的だと思った。

  • 大きな政府(再分配機能を補い、弱者と富める者の差を小さくして、社会的平等感を高める。ただしムダ遣いや官僚、為政者の強欲によって機能を歪められていない)
  • 透明性が高く、みんなが納得する、非競争的原理で決められた給与
  • お祭り(孤独感を緩和。医者も、非技能工も同じように御輿を担いだりする)
  • 成績の非公開(特に公立学校で。知らないほうがいいこともある)
生まれつき、脳の器質的な傾向から、扁桃体が活発になりやすい人がいると思う。そうした人は、うつ病になりやすいのだから、なるべく意識的に穏やかに暮らすべきだろう。具体的には、公平で平和的かつ愛情深い家族や友人といっしょに、規則正しく暮らし、恐怖感をあおるようなメディアには接しないで、適度に運動し、短い時間だけ非競争的かつ自分のペースでできる専門職の仕事をおこなう。

番組では、次の順にうつ病が少ないことが調査で判明したという(1がもっともうつになりにくい)。

  1. 医者や弁護士などの専門職
  2. 大工や理容師などの技能工(自営業者、会社経営者)
  3. 営業職(いわゆる普通のサラリーマン)
  4. 非技能工(工場労働者、現場作業員など)
やかましい上司が決められた仕事をギャンギャンいいたて、そしてその日が終わったらお金をもらってハイさようなら、夜はその金でカップ酒片手にジャンクフードと民放テレビ放送漬けという身分の日雇い労働者は、うつ病になる要因のすべてを備えている。

裁判ではサービス残業の時間数で、過労死が認められたりするけど、その人の扁桃体を暴走させるきっかけになるのは、じつは時間数ではなく、それほど多くの時間、仕事から逃れられないように仕向けたおっかない上司が、昔の人類にとっての肉食獣のように扁桃体にはうつるのだろう。

いったん破壊された脳の結合が回復するのには、長い時間と社会的コストがかかる。一私企業の限られた株主や経営者のために、うつ病を発症してまで何か仕事するというのは、本人やその家族にはもとより、社会にとっても百害あって一利無しと言うべきだろう。

日本の社会は人権意識が低いといわれている。それで、自分をすごく過小評価して、自分のことはさておき、とにかく滅私滅却して、会社や組織のために、上司のためにがんばろうとする。行き着く先はうつ病、そして自殺である。

これじゃいかん。私たちには人権があるし、それを大切にしていくことが自分や社会にとって真にプラスになる。そういうふうにひとりひとり意識を変えていくことが大切だ。

こんなに豊かで、器用で、清潔で工夫に満ちた私たちがもし、先進国で共有される普通の人権意識を持つようになり、自殺者も減らすことができたら、とっても誇れることだと思う。

このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬