TVとネットを断ち、有意義なことに時間を使う方法

朝起きると、なんでもやれるという気分になる。何しろ一日は始まったばかりだし、元気もみなぎっている。家事や、通勤、片付け、メール対応やデータ入力、確認など、日々の面倒なことに気力を奪われてもいない。

しかし、一日のほとんどは、家事や、通勤、片付け、メール対応やデータ入力、確認といった作業で終わる。アッという間に午後3時になる。

そして、夕方から夜にかけては、家族持ちにとっては仕事よりも場合によってはハードな、家庭内での役割をこなすことで精一杯だ。やっと、夜がやってきた。その頃、朝と同じ気持になる。つまり、なんでもやれるという気分である。

しかし、まさにそのときに、TVとネットという巨大な誘惑の津波が押し寄せる。こうなると、もはや創造的なこと、日々のルーティーンや家事以外のことはまったくできないで、人生を終わることになりかねない。

きわめて残念な事態である。そこで、夜の貴重な時間をテレビやネットから奪い返す方法を書こうと思う(書いている時点ですでに時間をネットに奪われているんだけどね)。

それは、きわめてシンプルなことだ。必要な道具は、

  • 時計
  • ノート
  • ペン
これだけでいい。ノートやペンは小さいほうがいい。そして、テレビを見始めたら、見始めた時間を書く。見終わったら、その時間も書く。

ノートには5つのカラム(列)を作る。左から、日付、メディア(テレビかネットか、人によってはゲーム?)始めた時間、終わった時間、経過時間。

これを何日か続けさえすればもう十分だと思う。要するに、やめたいと思う活動の実施記録をつけていくのである。

人がなぜ、テレビだのネットだのに気持ちを奪われるかというと、そっちに関心が向いてしまうからだ。そのメディアを観ることが重要で、その内容を頭に入れておけば後で得になるとか、面白いということだと思う。

しかし、大事だ面白そうだと思ってネットを見てしまったその日一日を、その人を、国家を、地球を、宇宙を全体としてみると、どうなんだろうか?重要なのは、メディアの伝える内容ではなく、そのスクリーンの前で失われた自分の人生の時間の方じゃないのか?

失われた時間は、絶対に戻ってこない。テレビやネットを観ても、得られる情報は翌日には忘れてしまっている。つまり、時間も失うし、その時間を費やして得るものも何もないのである。寝てしまったほうがまだ、壊れた細胞を自分の体が修復してくれるぶん、有益なくらいだ。

だから、もっとも失われてしまって損失がデカい、その無為に失われた時間の記録をつけることが重要なのだ。

さてここからがポイントなのだが。

一週間くらいたって、電卓で計算してみよう。何十時間となる。そして、そのメディアを通じて得た情報の中身を思い返してみよう。おっと、ノートには何を観たかとかは一切書いていない(そんなカラムは作る必要はないし、もちろん作ってはならない、禁止!)

もちろん、何も思い出せない。目の前に、失われた時間の、事実としての数字がある。だれもがギョッとして、自己嫌悪に陥り、翌週からはテレビやネットはやめるはずだ。

それでも、翌週からまたテレビだのネット観るとしたら、その人は統合失調症など、より高度で専門的治療が必要なカテゴリーに属していると疑われてしかるべきだろう。

ちなみに、これを書いている私はこんな素晴らしいライフハックを知っているのだから、さぞかしネットやテレビは観ていないと思っていないか? ブ、ッブー!! めっちゃ見てる。人生もうかなり無駄にした。ヤバイ。なにしろ、この方法なら、必ずネットとテレビをやめられる。しかし、これまでは、勇気がなかった。小さなノートとペンを用意する勇気が。

だってこんなに面白いテレビやネットを断つ人生なんて、面白いんだろうか? しかし、最近気がついたのだが、わが人生、火の車となっている家計などながめるにつけ、そうやって面白がっている場合ではないらしいことである。

このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬