やっぱり。「蛙の子は蛙」

中学生ころから、なんとなく感じてきたこと。同じ教育を受けているのになんで成績に開きが出るのか? 素晴らしい学習法を伝授しても、成績を伸ばせる子どもとそうでない子供にわかれるのはなぜか? 生まれた時からだいたい決まっているという話。

学業成績:遺伝の影響は環境の2倍 英で双子を調査
毎日新聞 2013年12月16日 17時58分(最終更新 12月16日 18時20分)

 【ロンドン小倉孝保】成績は環境よりも遺伝で決まる−−ロンドン大キングスカレッジの研究者らが、中学卒業時の学業成績に対する遺伝子の及ぼす影響は環境要因の2倍であると発表した。

 調査は英国で過去3年間に16歳になった双子約1万1000人が対象。義務教育修了時に受験する中等教育修了試験(GCSE)での「一卵性の双子」と「二卵性の双子」の成績(英語、理科、数学)を比較した。双子は一卵性、二卵性ともに学校や家庭の環境はほぼ同じと考えられる一方、遺伝子は一卵性が完全に一致するのに対し二卵性は別の遺伝子を持つ。一卵性と二卵性の双子を比較することで、成績に対する遺伝子の影響を割り出した。

 その結果、全体では遺伝子の成績に与える影響は58%で、環境(家庭・学校)の影響は29%。残り13%はそれぞれの個性による違いと考えられるという。科目別では、遺伝子の影響は理科58%、数学55%、英語52%で、科学分野で遺伝の影響がより大きい可能性がある。調査メンバー(計8人)のシェイクシャフト氏は、「これまで以上に個人に合わせた教育が必要」と話している。

こちらも合わせてチェック。

このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬