大量のものを捨てた。経済学的には‥

 昨年末大掃除目標でロフト(6畳ほど)を片付けるというのがあった。それがなされぬまま一年が過ぎたが、今年は、実行できた。
 3日間くらいかかった。我が家のロフトは、はしごを登って上がる。天井高は140センチ以下(建ぺい率に勘定されない)で、立つことができない。したがって、大量にあるものを運び出すことの心理的・肉体的ハードルはかなり高い。
 ロフトにあったのは次のようなものたちであったが、いずれもマットレスをのぞきすべて搬出した。ほとんど捨てた。
・子供が幼稚園や小学校で作ったもの→資源ごみや燃えるゴミ
・幸いなことに(=被写体が元気で存命しているから)陳腐でキモいスタジオアリスで撮った子供たちの写真→中身は思い出の箱、額縁は燃やさないゴミ
・ぬいぐるみや、遊ばなくなったおもちゃ→日付と「おもちゃ」と書いた段ボール箱に。それを倉庫に保管し、多分数年たったら見ないで捨てるか慈善団体に送付
・古い教科書など→資源ごみ
・本→別室の本棚に(でも多分あるタイミングで資源ごみに)
・敷布団や掛け布団→押入れなど。
・マットレス→そのまま。
 こうして片付いたロフトは、見事に快適なDwellスタイルの居室として生まれ変わった。マットレスが2つあるだけ。クッションを並べて寝そべってみたところものすごく快適。
 得た知見を経済学的な用語で。
・ビューティープレミアム‥外観が美しいほうが生涯で得る所得が多く、しかも本人の幸福度が高い
 モノだらけでそもそもそこで過ごすことが不可能な部屋、つまり「汚部屋」より、マットレスと快適なクッションが置かれた部屋のほうが当然ながら見た目が美しく、したがっておのずから価値が高い。
・外部性‥金銭の介在なしに、行動などが人に利益や生産性の向上をもたらすこと
 きれいに片付いた気持ちよい部屋で時間を過ごすだけで、私の幸福度は高まり、疲れも癒やされる。
・機会費用‥ある取引(意思決定)を選択することによって、別のある取引はできなくなってしまう。その出来なかった取引から生じ得た利益。
 こうした快適な何もない住空間を、もし外部に借りたら、月に5万とか6万はかかる。しかしゴミや不用品を捨てたことにより、家の中に快適空間が無料で手に入った。これまでの機械損失額は月に5万として、5年くらい放置してきたので300万。こう考えると破滅的な怠慢だった。
・補完性‥ひとりでやるより、ふたりでやるほうが、得られる果実(利益)が多かったり生産性が高まること。
 膨大な物で埋まるロフトは、ひとりだと通常、登ってみようという気力も起こらない。しかし、家族に、片付けると宣言し、家族や知人が私の大掃除を手伝ってくれた。その結果、1年もの長いあいだ、とりかかることすらできなかった片付けを遂行できた。
 雑巾を何度も洗ったので手はガサガサになり、肩や腰が痛く、真冬なのに汗で濡れた下着を何度も取り替えた。肉体的にはハードだったが、かなり有意義で、金銭に換算してもメリットが巨額とも言えるほどの大きさになった。
 思い出の「モノ」とか、おもちゃ、そういう、空間を物理的に占有する存在を、お金を払って買うのはほんとうにやめたいと思った。結局、何年か経ったら、ほぼすべて捨てることになる。

このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬