投稿

10月, 2015の投稿を表示しています

国(私立幼稚園等就園奨励費補助金)と都・市(私立幼稚園等園児保護者補助金)および女性の賃金差別について

わが国では、というか、東京都小金井市では、子供が3歳~5歳で、私立幼稚園に通っている場合、表題のような二種類の補助金が申請によりもらえる。
 ざっくり言うと、もっとももらえる世帯(所得が少ない世帯)では、実際にかかった入園金と保育料の65パーセント程度になろうか。
 しかし実際に子供の養育にかかる金が、入園金と保育料だけで済むはずもなく、家計が負担するこの年齢の子供を育てるのにかかる費用はおよそ年間60万程度かかる。
 児童手当を合わせても、子育て支援の金はあまりにも少なく、とりわけシングルマザーの家計には厳しさが際立ってくる。
 なぜなら、日本では、同世代でくらべると、女性は男性の半分しか稼げないからだ(給与における女性差別が民間企業で定着しているため)。
 こういう国にもかかわらず、やれ少子化大臣を置いたり、女性活躍を政府がうたってみたりしたところで、まさしく絵に描いた餅だろう。本当に、これ以上絵に描いた餅という言葉がふさわしい事例は、探すのが難しいほどである。
 シングルマザーへの冷遇、女性の賃金差別を放置したままの政府に対して、「それじゃダメだ」と声を大にして働きかけないといけないと思う。
 興味深いのは、このような状況を放置して、女性の貧困をいわば追認する勢力の中に、同じ女性が含まれている蓋然性があるという点だ。見事に専業主婦の座を射止め、ATMと化した夫の収入で地域で主婦をしている層のほとんどは、たぶん「無関心」という形で、この国の犯罪的無作為に荷担していることになる。
 私は知らない、興味ない、気がつかなかったという知的貧困は、私に言わせると憲法の理念に背く、前近代的後退文明人の態度に他ならない。

★なお、困窮世帯やシングルマザーなら、自治体の保育園に入れられれば入園金も保育料もかからないので上記のような経済的な厳しさは幾分緩和される点は知っておいて欲しい。しかしそうはいっても、教育の機会の平等という観点から、幼稚園に入れるのに金がかかりすぎるのは許されるべきではない。シングルマザーは子供を保育園に入れて働けばいいだろう、ということにはならない。
★参考 イケダハヤト「まだ東京で消耗してるの?」「ひとり親を救え!プロジェクト」に賛同しました。

様々な論点が色あせる宇宙の話

何でもハッブル宇宙望遠鏡のおかげで、この宇宙はビッグバンから137億年経っていることがわかった。

137億というと、途方もない歳月という気がしてくるが、一分一秒は体感できる。すると、この体感できる単位の「時間」の集積の結果には、必ず137億年というのは存在しうる。

となると137億年というのは、フィクションだとか絵空事ではなくして、現実である。どうだろう、ここで137億が突然迫力を持って迫って来やしないか?

この大迫力の前にあっては、やれ安保だの、景気だの、右翼左翼、これもはやどうでもよいし、況んやなにかにこだわって、ああだこうだ騒ぐにいたっては、まったくもって理解不能になる。

ところで、この宇宙は、どんどん膨張している、ことも分かった。星々の数は気が遠くなるほどの数があり、それぞれ寿命がある。もちろん地球にも寿命がある。

私たち人類に寿命があるように、地球にも寿命がある。

いきなり卑近な例になるが、物事を続けられず、飽きやすい私には、こうした諸行無常の科学説法はダメだ。

私がなにかに取り組むためには、対象に新奇性がなければならないが、加齢とともに新奇性のある対象物は減ってしまう。

それどころか、新奇性自体の有効性を、諸行無常の宇宙の話が打ち消してしまう。なぜなら、広大な宇宙のスパンで考えると、この毎日の私たちのくらしなど、瞬間的なできごとであり、他の星の住民から気がつかれることすらなく終わってしまいかねない。なかったことになる(全宇宙に散らばる膨大な数の星ひとつひとつについて生命の存在の有無を確認することは現在の科学では出来ないから)。

こうした状況の中で、日常を丁寧に営むエネルギーはどこから得られるか。エネルギーの源は、私の場合、家族である。

家族は結婚により生まれる。

結婚情報誌ゼクシィ12月号に掲載

本業の婚礼印刷で、10/23発売のゼクシィになんと15年ぶりくらいに掲載。発売の前日に届いたゼクシィの、その重さ、大量の別冊。驚いた。

彼用の本とか、家計や保険のFPものとかいろいろついている。

ほとんど、95パーセントくらいは、結婚式・結婚披露宴会場の場所の情報(ホテル、専用式場、邸宅式など)。

そして、ごく薄い、地球にたとえると地表くらいしかないほどの薄さ(もちろん式場はマントル)で、ペーパーアイテムのページが。

ゼクシィに広告を出すのは、私としては原点回帰という意味もある。なぜならこのビジネスが、ゼクシィへの掲載から15年前にスタートしたから。

しかし、時代は大きく変わってしまった。紙媒体の持つ力。婚礼市場の縮小。スマホの普及。若者の貧困化。

帰ろうにも、原点と呼べるような場は、日本にはほとんどなくなってしまった。

その証拠に、発売日をまたいで、ウェブサイトアクセス数、資料請求数いずれも、むしろ微減であった。15年前は、ゼクシィが出た日以降、資料請求が殺到して、何百という商品サンプルを発送できたのに。

私は2004年にファイナンシャルプランナーになった。したがって、物事は常に、FP的に節約や長期的に持続できる家計のサポートを是としている。今号のゼクシィにはカップルのための家計や保険のガイド本がついていたので見てみた。

すると、保険の見直し前とあとでは、あとのほうが月額保険料は上がっている。毎月、3万円近い保険料になっている。

子どももいない若者に、そんな保険などまったく不要で、月々数千円の掛け捨てに子供が小さいうちは入っておけばよろしい。もちろん特約は一切不要だ。

30代の頃は、「考え方によるが」などと日和っていたが、40代になると、そうやって日和ったところで私に何の益もないことがよく分かった。

保険の見直しショップを何店舗も展開しているゼクシィにすれば、当然、保険を見直して保険料を増額してもらわないことには意味がない。

しかし私は見直しショップや保険とは一切縁がないので、保険は不要、掛け捨てで最低限でヨシ!とさわやかに言い切ってしまえる。

逝かないで!スイッチングまいっちんぐマチコ先生!

10月14日の夜からおとおとい朝にかけて、ネットが落ちてしまった。

会社にも所属しておらず、ネットワーク機器は全部アマゾンとかで安く買って自分でネットワークを組んでいるため、ネットが落ちると、何時だろうが、何してようが、疲れていようが風邪引いていようが、最優先で修復に取りかからなければならない。ネットが復旧しないと、会社も家族も、ネットから孤立=社会から孤立することになっちまう。

はじまりは、こう。私のwindows8PCが、アドビの激重ソフトPhotoshop light roomを立ち上げたらたちまち不具合を起こし、ネットワーク上のプリンタにデータを飛ばせなくなるという事象からスタート。自分の端末だけの問題だから、再起動したりネットワークのプロパティを確認すれば治るはずだった。

ipconfigみると、いつもと違ってPC自体は問題ない。しばらくすると隣の席の社員が「ネットがつながらない」。慌ててその端末でpingを飛ばしたら、どこにも行かない。自席に戻って同じようにブロバンルーターにping飛ばしても同じでダメ。ping で、ルーターのアドレスからRequest time outが戻ってくるときの重い気分といったらない。ヤバい、これは。

しかし、こうした事態はじつは2011年の秋に経験済みだ。ズバリ、ブロバンルーターと各部屋をつなぐ有線ネットワークのおおもとのスイッチングハブが逝っちゃっているにちがいない。

PCを直接ブロバンルーターにつないだら大丈夫だったので、確かめられた。ハブが今回も逝ったのである。しかし4年で逝くかね。まあ16ポートハブ、4000円くらいで買ったのを使い続けたからかなあ。消耗品だな。

慌てて近くのコジマビックカメラにいって、16ポートハブ買おうとしたら、売り場にない。多くて8ポート。えーって感じ。まあ西東京の郊外で、16ポートハブ置いても売れないんだろうな。

仕方なく5ポートハブ買ってその日は凌ぎ、16ポートはアマゾンでポチッと。また今回も安かったが1万円は超えた。こりもせず、今回逝った同じメーカーの、ギガビット対応タイプのスイッチングハブ。今度は壊れませんように。

ちなみに同じタイミングで、ある部屋で使っていた無線アクセスポイントも逝った。さらに、Gmailも障害があったらしく、gmailのお客様からメールが戻ってきていた事象も重なり…

日本は資本主義の植民地

小学六年生の娘の歴史の勉強に付き合う。「植民地」って何?という。 そこで調べたら、

そこに住んでいない外国人の都合に合わせなければならず、自由や人権はない自分の大事なものを奪われる仕事を死ぬほどさせられ、報酬はなし アレー、これ、日本の普通の会社じゃん。
20世紀というのは、戦争の世紀と言われているが、欧米列強は植民地のぶんどりあいだった。まことに見苦しく、目を被うばかりの歴史である。

娘が重ねて問うた。「人道主義の見地から、各地で独立運動が起こった、という、人道主義ってなに?」

人道主義というのは、人間への愛、他人を尊重すること、そういうようなこと。植民地では、現地の人たちは、およそ人間としては扱われず、もっぱら「もの」「動物」のように扱われた。

最近、一部の人間が、過去に日本がバカげた植民地ぶんどり合戦に参戦したことを妙な屁理屈で美化してたりするが、見苦しいことこの上ない。結局自分があたたな愛情や尊敬に恵まれないから、非人道的な歴史を好むんだろうとつくづく思ってしまう。そういう人間は黙ってモテ講座とか、料理教室、婚活イベントに通って自分を美化した方がよほど現実の幸せに近いと思うが?

今日、国際条約などで、他国を植民地にしたり、そういう目的で戦争をすることは禁止されている。あたりまえだ。もしそうじゃなければ人類は百年経って一ミリも進歩していないことになる。

ところで、私は大学を出たあと就職したものの子供や妻の都合を優先するために、あっさり会社を辞めて自分で事業を興した。なぜなら、日本の企業で働くというのは、個人にとってはほとんど、企業(資本主義)による個人生活の植民地化に他ならない、ということが分かっていたから。

冒頭にあげた植民地の要件をもう一度読んでみて欲しい。会社の都合に合わせ、転勤させられたり、相変わらず横行するサービス残業は企業による個人の生命時間の窃盗であり、「やりがい」とか「大義名分」など意味不明の実体のないなにかで死ぬほど仕事させられて定年後はうつ病か、妻なしでは生きていけない事態になる。

これは、個人の精神が企業資本主義に植民地化されていると言うにふさわしい。

ドイツやオランダなど、午後五時に強制的に仕事が終わって、必ず夕食を家で取るというのが徹底している国は、たぶん罰則付きの法律が整備されているからである。

日本も、経営者に懲役刑や罰金刑が…

パン屋経営者の私が好きなパン

イメージ
私が好きなパンは、

あんこクロワッサンバターサンドプレッツェルパルメザンチーズブレッド の三つ。

共通点があります。

塩食感 ちょっとしょっぱくて、噛むと、予想をいい意味で裏切る感じ。「うーん、こう来るか」的な。

皆さんもうちで好きなパンを見つけてくださいね。


今日の無駄遣い

本当に心に刺さる曲と、あと何曲で会えるのだろう?

みうらじゅんと安西肇がやっているBSの某番組で、私の好きな映画『オペラ座の怪人』の次のシーンが。

クリスティーヌがファントムの棲むオペラ座地下の湖にやってきて、ふたりが恍惚と歌う印象的なシーン。

ここで番組ではクイズが出される。「安西さん。ふたりはキスするでしょうか?」

安西「しないでしょう、だってお面が邪魔で」

みうら「お面てあなた。仮面て言ってくださいよ。ひょっとこじゃないんだから」

怪人は、もうろうとしたクリスティーヌを赤いベルベット地のソファーに導く。

「事務所のソファーにこれねかしたらあとはもうやるしかないでしょう」

「事務所なんですか?」

深夜に隠れ喰っていたラーメン(「辛そうで辛くない、少し辛いラー油入り」)を吹いたわー。

それで、明後日月曜日に、待ちに待った、年にたぶん四回くらいしかやらない「完成!ドリームハウス」やるのを発見してめっちゃうれしい。さっそくHDDの空き容量を確保するため、古い動画を削除中、NHK BSプレミアでちょっと前にやっていた井浦新アジアハイウェイを行くのサウンドトラックがすばらしすぎて、絶対に買わないといけないと思っていたのを思い出した。

冒頭の一文に戻ってください。「本当に心に刺さる曲と、あと何曲出会えるだろう?」

で、が違ってましたね。

まあそれで、Akimuseの歌と、すばらしいこの作曲家、安田さんのアルバム「アジアに吹く風」1500円をiTune Music storeで買いましたとさ。

小さい太鼓を叩きたい。

↓iTune music storeだと1500円。




田舎移住したい人はこの映画

イメージ
イケダハヤト氏のブログをいつも読んでいます。いわゆる「逆張り」思想のブログです。

逆張りというのは、みんなと反対の道を行くということで、その戦略の効果は、読んでいる人をひととき日常から解放してくれる、癒やしのエスケープが出来ることでしょう。

彼は東京の大学を卒業後IT企業に勤めましたがやめて、高知の田舎に引っ越してしまいました。そして、大企業思考を捨て、限界集落に居を構えることのメリットや、暮らしの気付きを、毎日ブログにアップしています。




それにしても気になるのは、妻子もいるのになにで収入を得ているか、ですが、なんと驚くべきことにブログです。ブログやセミナー、有料オンラインセミナーなどで、毎月100万円以上の収入になるというのです。

逆張りブロガーは数多くいます。ブログを書いている人は、ごまんといるのに、なぜ彼だけが、それで食えるほどになるのか。

敷居が低くて誰でも地方移住でブログで食って行けそうな雰囲気を醸し出している彼のブログですが、じつは相当に凝った芸だと思います。面白くて、毎日気になるからです。つまり、魅力的です。

魅力的なブログを、毎日毎日(彼は6000本以上書いたといっている)書き続けられるのは本当に少数の人に限られます。

実際にもし彼に憧れて、文才のない人がブログで食うつもりで移住したら、映画『祖谷物語』に出てくる青年のような事態にたちまち陥ることでしょう。


1年で何万円もおトク?消費税課税事業者届出書とは?

売上高1千万を超えていない法人代表者の皆さんに耳寄り情報です。


私の法人は、以前売上高1千間を超えたことがあるものの、ここ数期は売上がぱっとせず、ずっと納税義務を免除されていました。

「え?あなた消費税払っていないの?」って思った人のために簡単に消費税の仕組みを。まず、もちろん私は日々の取引において、消費税を払っています。しかし、払う先は、いったんは財の譲渡を行い対価を受け取る法人です。その法人が、受け取った消費税から支払った消費税を差し引いて、まとめて国に納付することになっています(それがマイナスの場合、還付となる)。

「消費税課税事業者届出書」

この書類は、本来は免税事業者が、ある期に多額の投資を見込むときに、その期が始まる前日までにぺろっと税務署に提出することで、消費税の本則課税事業者になれます。

本則課税事業者であれば、払った消費税額が、受け取った消費税額よりも多ければ、その差を税務署から還付してもらえます。

投資額が大きく、売上が少なければ、いったいいくらになるのか想像もつきませんが、とにかくそれが合法的に返してもらえるわけです。

ところがもし、書類を出さなければ、本来戻ってくるものが戻ってきませんので、合法的に大損ぶっこくことに。

もちろん、法人は青色申告とかいろいろ消費税の申告とか、要件は個人が家計簿をつけたり確定申告するのとでは段違いの難易度ですが、これから消費税がどんどん上がることが見込まれるので、知っておいた方がいいでしょう。

もっとも、段違いの難易度はさくっと会計ソフト買っちゃうとあっさり超えられます。あとは私のように税務署の電話番号を暗記するくらいに国税庁に質問してください。何の資格もなくてもこれで何とかなります。