チョコレートの香りで売上アップ

 今日は娘の付き添いで八王子東高校という、都立難関校の受験生向け説明会に行ってきました。

 体育館に集められた保護者と受験生たちに最初に告げられたのは、「暖房がなく寒いので、コートなど使って風邪を引かないようお気をつけください」という言葉。コートを持ってきていなかった娘は絶句し、中空を眺めながら白い息を吐くほかありません。

 気の毒なのは、職場がこうした寒い場所の教員たちです。男性教員の多くは示し合わせたかのように、グレーのジャケットの下に、Vネックの黒のセーターを着ています。こんなセーター、今時どこにうっているのでしょうか。高校教員というのは、寒々しい職場、立ちっぱなし、莫大な採点作業、問われる進学実績など、我慢我慢の仕事なんだろうなと察します。しかし同情心も、彼らのズボンの裾から一瞬、白いソックスが見えた瞬間雲散霧消してしまいました。スーツなのにソックスが白が許されるのは、マイケルジャクソン以外地球上にはいないはずなのに。

 教員たちのファッションや置かれた境遇もさることながら、校舎がまたわびしく古い。筆者は建築やインテリアデザインに関心があるので、洋書などで海外のすばらしいデザインの建物を眺めることが多いのですが、公立学校の校舎というのはほとんど刑務所のようにしかみえません。デザインや、そこで長い時間を過ごす人間の快適性、豊かさといった視点は一切考慮されておらず、ひたすら、まっすぐで、平らで、外と中を最低限の安い部材で分け、もっぱらスプリンクラーやメンテナンス性などの効率と安全だけでできあがっているようです。中にいればいるほど味気なく、心がすさんできてしまうのです。

 しかしそうした古い校舎、暖房もない廊下で、ダサいセーターを着た教員たちと、若い優秀な生徒が切磋琢磨している。「すぐに役立つものは、すぐに役に立たなくなる」 長い目で見ることがここでは重要なようです。

 さすがは難関都立だけあって、教師の問題の説明もまるで大学受験予備校の講師のよう。私が高校時代にいた、生徒の進学などほとんど関心がない「でもしか」公務員とはまるで違っていたのに驚きました。

 定期考査の三日前ということで、校内には廊下やロビーで勉強する生徒たちの姿が散見され、これまた、この時期いちゃつくカップルが散見された我が母校(八王子東の2ランク下の小金井北高)とはまるで違って好感が持てました。もちろん、いちゃつくカップルを見て眉をしかめたりけしからんとかいう気は無いんですが。いずれにしても他人だし。

 豊田とか、八王子駅からバスで15分、バス停から歩いて5分という不便なところなのですが、近くの甲州街道沿いのコーヒーレストランはしゃれていて、店員も美人を揃え、店内は客でごった返していました。こんな、主要な公共交通機関から離れた街道沿いのカフェ、しかもパンケーキがドリンクとセットで千円もする、デフレなどどこ吹く風の驚愕の高さ。客のほとんどが中高年なのも頷けます。私のように若くて貧しい親が来る場所ではないのです(そういうカフェは経営していますが)。

 甲州街道といえば、私がこの娘よりも小さい、中学一年の時です。自転車でクラスメートと、この国道二十号線をまっすぐ西に走り、高尾山まで行きました。雑多で楽しい中学時代の思い出です。ポカリスエットのようなスポーツ飲料を、自転車に取り付けたボトルホルダーに入れて、飲んだりしました。そのボトルホルダーのことを妙にリアルに思い出してしまった。

 高校の先生が熱心に現代文の読み取りについて説明している今日の寒い体育館で、「ある書店ではチョコレートの香りを店内に流したところ売上が30パーセントアップした」というこの本のくだりが印象に残っています。


このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬