LANDISK壊れる


2012年頃に買って、たいへん重宝していたデータストレージが「メーカー修理を必要とする異常」に見舞われました。

これ、便利で、LAN上にサーバーとしておいておき、バックアップデータ置き場にしていたんですが、二年も経たないうちにHDD交換が必要になったのです。

メーカーに修理に出すときに、製品の主旨としてこの故障の速攻ぶりはあり得ないと言ったのですがノーコメント。

結局、買うのに3万弱、修理に1万7千円強かかり、散財です。

ちなみに、グーグルのサーバー(全世界に数千、数万台はあるといわれているが非公開)はたしか5分に1台は壊れているというのをなにかの記事で読んだことがあります。

HDDは壊れる。

しかし、お金をかけて無事新品のHDDに交換されて戻ってきたので、ちょっと嬉しいです。もちろんなかのデータは初期化されていますが、バックアップがほかにあったので問題ないんです。そういう使い方がいいですね。

LAN上に2TBのデータ置き場があるっていうのは、心のゆとりにつながります。

このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬