過去問という地獄

娘(中三)とともに、難関とされる公立高等学校や私立高等学校の「説明会」なるものに、ここのところ立て続けに参加した。

そして、登壇する教員や、現役生代表が必ず受験生に向けてアドバイスをするが、共通するのは、

過去問を繰り返し解いてください

である。

過去問は受験生にとって、もっとも厳しい修練である。

普段の日常のくらしの中で、自分で時間を決めて、過去問を解き、採点するのは、至難の業だ。

しかし、筆者がトライしてきた受験勉強や各種資格試験(ほとんど実を結ばず)でも、過去問の重要性は繰り返し言われてきた。

過去問を解ける人だけが、難関と言われる学校や資格に合格していくということである。

このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬