下を見ないようにする

人の不幸は蜜の味というが、そういうものをみている時間があったら次の一手のために努力すべきだった。

いやー癒やしの時間を「サードプレース」のカフェで過ごしたいんだよー。
古本屋巡りをして、ゆったりした時間を楽しみたいしね。

そういうことをしていると、企業も家計も破たんする。

倒産企業の社長たちが作った会(たぶん八起会とかいう)が発表した、会社を倒産させる社長の特徴をみて、私と似ている部分を以下に挙げたい。

  1. 変革できない(慢心、放置)
  2. 苦手なことをやらない(逃避)
  3. PDCA※とか知らず、同族の利益だけ(無計画で短期の私的利益のみ追求)
これらは、まあ何というか、フツーにどこにでもいるだめなオッサンそのものではなかろうか?

企業が倒産するのは社長がこのように、果敢で積極的な努力をやめて、好き勝手なことや日常のルーティンに満足したときに、倒産への引き金が静かに引かれているようだ。

それにしても、若いときはいいが、年取ってくると(私ごとで恐縮だが)改革への努力はもとよりルーティンすらサボりはじめる。

たとえば私の場合は、自分よりもひどいことになっている事例(女性の貧困、子供の貧困問題や、廃墟、空き屋問題などのニュース、高学歴プア、難関資格でワープア、独身未婚の中高年の危機、大手企業やめて地方移住など)をネットであさって時間をつぶしたりして。

デリヘル店に住んでいる38歳の貧困女性とか。私に何の関係もない。角川が取次を中抜きして、Amazonに直接取引したりとか。もちろん、私に関係ない。まあ昔いた出版社とちょっと関わりあるし、気になるニュースではある、だって本の値段が上がるかも知らんぞ、日販が本業で赤字とかいってるし。取次消えたらどうなるんだろ。

あと、大学生がたくさん(3年で六〇〇〇人)自殺しているとか? 虐待経験のある女性弁護士が、弁護士では食えずにアルバイト生活してプアとか? まったく今の私とは関係ない。

娘を大学生にするのに集中しよう、今は。虐待もぜんぜん関係ないもちろんしていないし受けたこともない。弁護士だって何万人もいるんだし関係ない。

とにかくこれらの情報、いくら読んで詳しくなっても私の貯金残高と無関係であることはビクともしない事実だ。もうやめよう、下を見るのは。

普通のサラリーマンに過ぎない(ただし業種は若干特殊)弟によると、彼はこの2年で何千万円も稼いで、税金だけで一千万を超える。ガーン!

これからはもう、上を、そう、このすごい弟を見よう。「この人をみよ」byニーチェだ。私の卒論はニーチェだった。

無関係だし利益もない下を見ないようにして、常に広告投資のPDCAを実践したり、頑張って社業を立て直すことに専念したい。何だろこのブログ。

※Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)を繰り返して事業を継続的に発展改善していく活動、というか心がけ?

このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬