保育園落ちた、日本死ねの件


Live streaming video by Ustream

保活に失敗したお母さんが「保育園落ちた、日本死ね」とつぶやいて話題だが、私なりのこのお母さんへの処方箋としては次のようなものである。

  1. 仕事ができなくなったので憲法の「最低限度の生活」を根拠に生活保護を申請する
  2. 顔出しして炎上させ、「世論」にこのイシューをさらに届ける
  3. 議員などの公職者を訪ねて窮状を知ってもらい、その一部始終も動画配信する
フローレンス代表の駒崎氏に連絡し、運動の連携を図ることもいいだろう。

ちなみに、いまの日本は、普通のサラリーマンがサザエさん一家のように男の大黒柱だけで家計は維持できないことになっている(高齢者や富裕層優遇の政策が長年とられてきたため)。
若い人は、普通に勤めて、働き、子供を産み育てることが「無理ゲー」になってきている。男の「仕事一筋」はオワコン化している。

高齢者の票がなければ次の仕事をなくしてしまう政治家は、国家予算という打ちでの小槌から3800億円をぽんと決めてしまった(ひとり3万円を高齢者に配る)。これだけの金があれば、どれだけ保育士の待遇改善ができるんだろう? 保育園を整備できるんだろう? でも、政治家にとって見れば、若い人たちは数が少ないから、金をばらまいても「効果」は薄いのである。だからやらない。

この機能不全で近視眼的な短期決戦型政治家の給料を介護士や保育士より低くすることが急務だ。どうせこの国は官僚が牛耳っているんだから。そのためには、ベーシックインカムを導入して、最低限の暮らしができるように再分配をやり直す必要があろう。

あと、これは保育園問題とは無関係だけれども、高齢者の多くを無理矢理「祖谷」に移住させてみてはどうか? 祖谷では、山の急斜面に畑を切り開いて、ほとんど自給自足的に高齢者が暮らしている。あれだけの急斜面を上り下りしていたら、足腰が衰えることはないだろう。

数百年前からあるという石垣は、雑草を引っこ抜かないと崩れてしまうから、暇さえあれば雑草を引っこ抜く。

過酷な冬は、普通に雪も降れば水も凍る。こうなるともう冬越えは命がけであり、古来からの知恵が受け継がれている(はずw)。大根を地中に埋めておいたりとか?鶏飼うとか。

救急車も来ないから、たとえば体内で重要な血管が破裂したとしても、あとはもう死ぬしかない。

山村に移住すべきなのは、若者ではなく、高齢者のほうだと思う。

ところで、保育園の申込み事務とかは情報の非対称性を解消するためにここに書き記すが、大の大人が2日間くらいかかった。一定の所得要件がある人が申し込める、中三と高3の子供の塾代を20万円借りられる(進学すれば返済免除)も、やはり仕事を休んで2日くらい役所に行かないとできない。

内閣府が、専業主婦の家庭内労働は月収25万円程度に相当するという調査を以前発表していたが、家事育児とはれっきとした仕事、それも無償労働である。ひどいことに女性がそれを担うような社会的風潮が支配的なのだが、この無償労働から解放され外で稼いでくるはずの男性の給与所得は1970年から下がり続けている。どうしろっちゅうねん。

それで、子供(中学三年)に、この支配的風潮(男性は外、女性は家で家事育児)が次世代にどの程度蔓延しているのか確認したら、バッチリすり込まれていた。

調査方法は次のような短いエピソードに対する違和感の有無から判定。

エピソード1「お父さんが休日に子供をあずけて釣りに出かけた」違和感は「なし」。
エピソード2「お母さんが休日に子供を預けて映画にでかけた」違和感「あり」。

中三でもこれだ。ちなみにいま、中三というのは、どのくらい若いかを実感するには生年月日を見ればよい。2001年生まれである。2001年生まれの女児が、まるで昭和そのもののサザエさん時代のジェンダー価値観をそのまま持っていることになる。

このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬