死から目を逸らさず今日一日を精いっぱい生きる

オイコノミアで保険についてやっていた。

保険は不安を軽減することができる向精神的商品だ。心のクスリ、麻薬みたいな。

日本人は年間平均で今38万円もの保険料を払っているという。生涯ではおよそ一千万を超え、住宅に次ぐ高額消費物となる。

一方で、毎月の収入の5~10パーセント近くを社会保険料(年金・健保)で政府機関に払っている。公的社会保障でこれだけ払っているのに、さらに民間の保険に30万も払うというのは、まったくもって不条理であるが、そもそも商品の位置付けが「心のクスリ」である以上、条理が通用するわけもない。

いいんだ、それで。

私はFPとして、昔は解約返戻金で黒字になる役員の長期平準死亡保険に入っていた(自分の会社名義で)。

しかしこれが払えなくなり(w)、今は若い頃に入った、一番安かったカタカナ生保の死亡保障(定期・掛け捨て)だけ。

若い頃にソニー生命とか安い会社をあれこれ検討しておいて本当に良かった。会社に出入りするおばさんが売る、漢字の生命保険会社の特約満載とかに入らないで良かった。

今は子どもがいるから仕方なく入っている定期掛け捨てだが、これも本当はやめたい。

人は、自分の人生を、死から目を逸らさず今日一日を精一杯生きたらいいと思う。

最近は住宅にもお金を払うにはかなりのストレスに耐えなければならない。家を借りる、買うのに何千万もかかる(生涯で)。なのに、近所の農家は家賃収入で暮らしているし、10軒に数件は空き家で放置されている。

毎月の収入の20パーセントを住居費とすれば、そんなの払いたくない。相続した土地にアパートを建てそこからの上がりで働かないで済んでいる高齢者や、相続した土地家屋をもてあまして空き家にする人たちのために。そんな連中は家をただで、貧困子育て世帯に開放すべきだ。

そうしたら、私たち勤労世帯は、週休3日で暮らしていける。

これが私の結論だが、FPの教科書はそう書いていない。やれ、保険はこれくらいの種類があって、これこれの保障が必要だから、毎月いくらのこの商品がありますとか。住居費は収入の20%を目処に考えましょう、今の収入はこれこれだから、あんたが買える(借りられる)家はこれだね、とか。

そんなことバカじゃない限りわかるだろってことしか、FPは言わない。

このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬