月100時間未満なら残業も合法ってどうよ?

月100時間というと、週5勤務の人なら、毎日5時間くらい長く会社にいなければならない。

今般、連合と経営側が出した「月100時間」について、総理が月100時間未満(経営側は未満とかいわず、100時間を基準に、みたいにごまかして、ザル法にして突破しようとしていた)で合法ということにした。

それでメディアは、端的にそういう事実だけ(文言や労使それぞれの主張など)を伝えているけれども、そもそも人間がこの月100時間働かされても「繁忙期なら」オッケーって国はおかしいだろう。

私は雑誌編集者時代は朝10時くらいに出社して終電か2時3時はタクシーで帰っていた。東小金井から23区内の勤務先までは、軽く鬱になるのに十分遠い。

おまけにメディア企業の編集職あるあるで、やりがい搾取型だったので、残業代は出ない。

どうなったか。

  • 家庭を持っていれば瞬即で崩壊
  • 免疫システムが壊れて風邪引いたり虫歯が悪化したり死にたくなる
  • 眠くて、やる気も減退するので生産性が落ち悪循環
いちばんつらいのは、その出版社の副社長がいかにも風俗上がりの女性で、その女性役員と一緒に、社長(太ったタヌキジジイ)が午後6時になると決まって、運転手付の高級社用車で連れ立ってどこかに消えるのを毎日見なければならないことだろう。絶対飯食ってそのあとはホテルでしっぽりと●●するんだよこいつらって社内では「冷視」されていた。

そういうところだったので身の危険を覚え、やっと手にしたオサレーな職種(ファッション誌編集者)だったのに私は一ヶ月でやめましたとさ。

万国の経営者たちよ。自分がリスク取ってあるマーケットで闘っている(ドヤーカッコいーだろーオレ!マチズモ)自負、矜持があるからといって、従業員をモノみたいに使っていいわけがない。経営者が負っているリスクなんて、従業員は知ったこっちゃない。

従業員は一秒でも早く、定時で家に帰りたいのに、5時間残業させられても合法だなんて、この国は狂ってるとしかいいようがない。

とにかく、労働者はおとなしすぎる。バカなんじゃないだろうか? 幸せになりたいと思ったことがないか、幸せになる資格がないと思っているんだろうか?

労働者に認められたいろんな権利を使って、身勝手な経営者たちを追い詰めなければ未来はないだろう。

しかしそのためには先立つものが必要?おっしゃるとおり。だから私はベーシックインカムが必要だっていってる。人権擁護の観点からも、ベーシックインカムは絶対に必要だ。

もちろん、金を配れば全部パチンコ屋とか、モデル撮影会とか、そういうのに浪費してしまう人が大多数かもしれない。しかし、それでも、1割くらいはBIで余裕ができて、声を上げはじめる人があらわれるはずなのだ。労働者の1割っていったら500万人くらいになる。すごい勢力だ。

このブログの人気の投稿

太陽光発電導入記完結編 発電開始!HEMS AiSEG設定奮闘記

アキバチューナーカンカン設定奮闘記【重要追記あり】

家庭裁判所が決める成年後見人、成年後見監督人月額報酬