2017年5月30日火曜日

サピエンス全史・キッズドア・オキシトシン・社会の分断

 「行政がゆがめられている」と記者会見で訴えた前川前文部事務次官。キッズドアで子どもの学習支援のボランティアをしていたことが明らかになり話題に。
 『サピエンス全史』(ユヴァル・ノア・ハラリ)によると結局人類の幸福はセロトニンやオキシトシンといった脳内物質の分泌量で決まると結論。歴史家はこれまで、こうした指標に基づいて定量的に人類の幸福史を作ってこなかったと。
 ケリー・マクゴニガルのTEDスピーチ「ストレスと友達になる方法」では、人に親切にするとオキシトシンが出る。そういう経験を重ねていくと、いざ自分が強いストレスに晒されても、勇気を持って乗り越えることができると主張。
 『隷属なき道 AIとの競争に勝つ ベーシックインカムと一日三時間労働』(ルトガー・ブレグマン)によると、結局AIにぶんどられて人様の仕事なんてなくなっちまうんだから、GDPみたいな欠陥だらけの指標で成長成長と騒ぐのはもうやめにして、ベーシックインカムで行きましょうよと。
 社会は分断をきわめる方向に動いている。各々が信じるイデオロギー(物語)が異なりすぎて、互いに馬鹿の壁を夢中で築いてわかりあえない。
 NHKの番組「ニッポンのジレンマ」で、ベーシックインカムを積極的に評価する阪大の安田先生のゼミ生が、過半数が反対の現実。
 みんな幸せになりたいし、自分のことが認められたいと思っているのは分かる。しかし、幸福のための物質オキシトシンを出すには、単にセックスしたり背中とんとんてやったりハグしたりすればよい話し。祈るっちゅーのも出るらしい。
 だったら、ベーシックインカムにして、中途半端な低賃金労働は止めにし(機械に任せて)、ハグし合ったりとことん討論したり祈ったりする時間を持てる社会を作ればいいんじゃね? そうしたら、右翼も左翼もなくなって分断も解消。キッズドアのようなNPOでのボランティア活動や、創造的な時間や趣味の文化が活発になって、よさそー。
 ちなみに私がベーシックインカムに賛成なのは、子どもが多くて世帯人数が多いため、世帯主としては可処分所得が増えてイッひっひだから!ってのは半分ホントで半分冗談。大学学費無償化もセットでね!

0 件のコメント:

コメントを投稿