投稿

7月, 2017の投稿を表示しています

隷属なき道 AIとの競争に勝つ ベーシックインカムと一日三時間労働(ルトガー・ブレグマン著)を読んで

この本、『隷属なき道 AIとの競争に勝つ ベーシックインカムと一日三時間労働(ルトガー・ブレグマン著)』を読んで、よほどの権力者やとてつもない金持ちでない限り、一般国民は全員ベーシックインカムにすぐに賛同して運動を始めるべきだと私は確信を得た。

 魅力的な著者の主張が満載である。未来を明るく展望できる、ポジティブな提言の書だ。

 要は、資本主義がもう行き詰まっていることは利子率の歴史的低下などから明らかであり、これを放置すれば格差拡大と、資本のタックスヘイブンへの逃避による国家財政破たんによる人類の滅亡に一直線だから、思い切ってベーシックインカムでどうよ、と。そういう話しである。

 ベーシックインカムは、じつは社会保障は全部やめましょうということでもある。だから、小さな政府を志向する保守層(リバタリアン)からも歓迎されるし、また、もっとも手厚い福利とも見られるので、左派リベラルからも歓迎される。

 私は、いち生活者として、そして子どもを4人も育てている家計の長として、人数分一律数万円毎月もらえたら単純にありがたい。アホみたいな労働に荷担しないで済むし、その分、子どもと楽しく過ごせるだろう。その方がよほど幸せだし、また、こうしたことで幸せになれるとなれば、少子化ももっと何とかなるんじゃないかと思う。

 頭がいい「論客」は、まさかこんな理由でベーシックインカムが熱望されているなどと想像することはあまりできていないように思える。ベーシクインカムに否定的な論者もたくさんいるが、彼らは、私から見るときわめて残念で近視眼的な、ある種の偏見を根拠に反対しているに過ぎない。反対してドヤるために、反対しているだけの輩すら散見される。

 ベーシックインカム反対派が反対の論拠にする様々なエビデンスは、まったくもって非科学的で間違った思い込みによるものであることが、この本で次々明らかになる。ざまあみろだし、ベーシックインカムに反対する前に、まずこの本を読んでもらいたいと思う。私はこの本だけを売るために書店を開こうとさえ思っていまじつは、準備している。

 この本を読んだ皆さんとぜひ、日本、あるいは世界の将来について話し合い、大きな政治的な勢力として、未来への働きかけをいますぐはじめたいと思っているんだけれども、その前に寝ないと明日また起きて、家事育児そして仕事を貫徹できない。あーこれ…